逆SEO対策(リバースSEO対策)により、貴社に対する誹謗中傷や悪評といったネガティブ検索結果表示を阻止します

2012.06.22

マイナスの検索結果と逆SEO

今回の逆SEOブログはマイナスの検索結果と逆SEOなどを紹介します。あなたの商品を購入しようかと検討している潜在顧客や、新規の取引を検討している取引先候補などが、そのような重要な意思決定をするとき、検索エンジンであなたの「会社名」や「商品名」「サービス名」を検索して調べています。しかし、検索エンジンで、会社名や商品名・サービス名、あるいは特定の個人名で検索すると… 批判的なサイトや誹謗中傷ブログ、悪質な書き込みがされた掲示板・2ch等、マイナスの検索結果が上位に表示されてしまって困っていませんか?マイナスの検索結果がユーザーの目に入ると、商品購入をためらったり、企業イメージに傷がついたりして、営業の機会損失や信用面で、深刻な風評被害を受け ることになります。それだけでなく、貴社の社員や採用応募者、取引先企業などもこの検索結果を目にします。放置していると、多方面で予期せぬ悪影響を及ぼしてしまいます。逆SEO対策により、検索結果において、「マイナスの検索結果」の表示順位を押し下げます。誹謗中傷や悪質な書き込み等がされたサイトやブログ(Blog)、掲示板、2ちゃんねる(2ch)を目に触れにくくして、貴社の信用と利益を守ります。

2012.06.21

逆SEOとURL

今日のブログは 逆SEOとURLなんで逆SEOとURLのことを話します。「逆SEO対策」という言葉を聞いた事がある方は多いと思います。「逆」という文字がついているくらいですから、意味は「SEO対策の逆」を想像してもらえたらと思います。標的URLの検索順位を上げて上位表示(10位内表示)や1位表示を達成するのがSEO対策だとすれば、標的URLの検索順位を検索圏外(11位以下、2ページ目以降)まで落として下位表示を達成するのが逆SEO対策だといえます。標的URLの順位を上げるのがSEO対策で、順位を下げるのが「逆SEO対策」と考えて頂ければ間違いないです。さて、逆SEO対策ですが、実際にはどうやってターゲットキーワードで標的URLの順位を下げるのでしょうか?逆SEO対策では、ターゲットキーワードで検索した時に、標的URL以外で上位に表示される他のURL群に外部SEO対策(外部リンク対策,被リンク対策)を施す事で、標的URLの順位を下げます。外部SEO対策により、他のURL群のSEOスコアが標的URLを上回れば、他のURL群は標的URLよりも上位に表示されます。その結果として標的URLの検索順位は下がります。

2012.06.20

逆SEOと検索除外など

今日の逆SEO対策ブログは逆SEOと検索除外などを話します。あなたの商品を購入しようかと検討している潜在顧客や、新規の取引を検討している取引先候補などが、そのような重要な意思決定をするとき、検索エンジンであなたの「会社名」や「商品名」「サービス名」を検索して調べています。しかし、検索エンジンで、会社名や商品名・サービス名、あるいは特定の個人名で検索すると…   批判的なサイトや誹謗中傷ブログ、悪質な書き込みがされた掲示板・2ch等、マイナスの検索結果が上位に表示されてしまって困っていませんか?マイナスの検索結果がユーザーの目に入ると、商品購入をためらったり、企業イメージに傷がついたりして、営業の機会損失や信用面で、深刻な風評被害を受けることになります。それだけでなく、貴社の社員や採用応募者、取引先企業などもこの検索結果を目にします。放置していると、多方面で予期せぬ悪影響を及ぼしてしまいます。逆seoで有効なものは検索エンジンで特定サイトの除外申請を行うことです。とはいえ検索エンジン側で不適切なサイトと判断されなければ除外されることがないのでそれなりの根拠などを報告することも重要ですね。

2012.06.1

1ドメイン2サイトルール

検索エンジンには「1ドメイン2サイトルール」というものがあります。これは、1つの検索キーワード(検索結果) に対し、1ドメインにつき2サイトまでしか原則表示されないというルールです。しかし、最近は検索結果の1位に表示されるドメインに関しては同一ドメインが1位から4位くらいまでを占めるケースが一般的になっています。よって、対象サイトが1~4位の上位に表示されている場合では、同一ドメインサイトを4サイト以上必要とするケースも多くなってきています。検索結果上位に位置する情報に関しては多くの情報を公開することがユーザーに対して有益だという検索エンジンの考えでしょう。それだけ作業量が増えるということです。逆SEO対策も年々難易度が上がってきています。

2012.05.18

逆SEOはSEOと同じ要領で出来る?

「逆SEO対策」は一般的な「SEO対策」ができる方ならば施策は可能です。しかし、少し特殊なSEO対策になります。逆SEOは普通のSEOよりも難易度が高いといえます。それは普通ののSEOは上位表示させようとするサイト自体に手を加えることができますが、逆SEOは検索結果を下げたいネガティブサイトに対しては手を加えることが出来ないのです。したがって、ネガティブサイトを検索結果から排除するためには、他のサイトを上位表示させることで相対的にネガティブサイトを押し下げる必要があります。検索結果1P目だけを対象に考えても、他のサイトを対策用に構築するための作業量は普通のSEOに比べて10倍になりますし、ネガティブサイトが上位に固定されている場合は相当な難易度を伴います。基礎は同じでもSEOと逆SEOではツボとなるポイントが異なるのでできれば、やはり専門会社にまかせるほうがいいと思います。

2012.05.15

SEOスタッフによる逆SEO対策レポート

逆SEO(リバースSEO)対策とは、キーワード検索した際に表示されるネガティブな検索結果を上位表示させない手法と一般的に言われています。このように定義づけされると「見られるとマズイものを見えないようにする」ということで、なんとなく後ろめたいイメージですが、「企業名」などで検索された際の検索結果1ページ目を自社関連サイトで独占したいと考えること自体は、検索エンジンマーケティングの手法として有意義だと当社は考えております。また、匿名掲示板などを利用して嫌がらせ目的の誹謗中傷記事などが検索結果の上位に表示された場合などは、緊急性の観点からも逆SEO対策は必要な企業のリスクマネジメントだと思います。このブログでは逆SEOの正しい使い方について解説していきます。

無料相談はこちら
無料相談はこちら