逆SEO対策(リバースSEO対策)により、貴社に対する誹謗中傷や悪評といったネガティブ検索結果表示を阻止します

よくいただくご相談

Web上に開示された情報でお困りならば、お気軽にご相談ください。
弊社はすでに300件以上の逆SEO施策をご依頼いただいており、いずれも成果を出してクライアント様にご満足いただいております。お電話、メール等でよくいただくご相談をご紹介します。

身に覚えのない誹謗中傷を実名入りで掲示板サイトに書かれ、名前で検索したら上位にヒットする。

個人的なトラブル、もしくはネットストーカーのような悪質な人物につきまとわれ、実名入りで悪口を書かれたというご相談を毎日のようにいただきます。個人名が晒された場合、掲示板サイトによっては削除依頼に応じることもありますが、サイトによっては連絡先すら分からないものもあり、その場合は逆SEOで順位を下げて対応します。また掲示板サイトが書き込み可能な状態にあるうちはまったく同じ内容のミラーサイトが立ってしまう可能性がありますので、まず強制的に格納してしまいます。被害を最小限に食い止めるためには、迅速な対応ができるかどうかがポイントです。

過去に在籍した社員がトラブルを起こして退社、その後ブログに事実に反する当社への批判を書いている。

ブログの場合は検索画面上で非表示にできる可能性が高いのでぜひご相談ください。

当社と同名の会社が問題を起こし、当社の名前で検索するとその新聞記事が出て、当社が事件の会社と間違えられて仕事のキャンセルが出ている。

自社に問題がなくとも、このような形で火の粉が飛んでくる場合があります。新聞記事そのものは時間がたてば記事を削除しますが、それらをコピーした掲示板サイトが厄介です。被害が広がらないうちにスレッドの強制格納、非表示化をお勧めします。

知人と喧嘩し、感情に任せて掲示板サイトに誹謗中傷を書いてしまった。今では後悔し、反省もしているので、本人に気付かれる前に削除したい。

誹謗中傷を「してしまった」方から自分の書き込みを消してほしいという問合せも多数いただいており、お応えしています。掲示板サイトは書いた本人でも削除することができない場合が多く、サイトに削除依頼を出して削除されないならば非表示化、もしくは検索順位を下げることで対応します。

飲食店を経営しているが、Q&Aサイトで事実無根の中傷記事を書かれてしまった。これでは営業に悪影響を及ぼすかも知れない。

Q&Aサイトの場合は非表示にできる可能性が高いのでご相談ください。
逆SEO対策により、貴社に対する誹謗中傷や情報漏洩といったネガティブ記事の検索結果表示を阻止します!
無料相談はこちら
無料相談はこちら