逆SEO対策(リバースSEO対策)により、貴社に対する誹謗中傷や悪評といったネガティブ検索結果表示を阻止します

2012.10.11

逆SEOのことを再び見直す

お久しぶりです
今日は 逆SEOのことを再び見直すことにします
逆SEO(逆SEO対策)とは、排他的SEO対策のことです。「社名」+「ネガティブワード」などで検索を行った際に、 個人や企業に対して事実無根な悪評などを綴っている悪意あるウェブサイトを検索エンジンから除外します。
検索エンジン上では、「社名」+「評判、倒産、悪評、苦情」などのネガティブなワードで検索を行った際に、 事実とは関係のない誹謗中傷記事が検索結果に表示されてしまう場合があります。
匿名性の高いインターネット上では悪意ある第三者からの事実無根の誹謗愁傷が発生しやすく、 場合によっては企業の倒産などに発展するケースもあります。
ターゲットサイトの検索順位を下降させる施工を総称して逆SEOと呼びます。 逆SEOの施工には、4つの方法が存在します。
リバースSEOと呼ばれる場合もあります。

無料相談はこちら
無料相談はこちら