逆SEO対策(リバースSEO対策)により、貴社に対する誹謗中傷や悪評といったネガティブ検索結果表示を阻止します

2013.02.22

逆SEOと風評被害対策

昔はインターネットの検索順位を上げるために使われていたSEO(今も使われてますが)も結構逆SEOのニーズがあるという話を聞くようになりました。考 えてみればあたり前ですが、インターネットだと情報の発信源なんか気にしないで、面白いものがいつのまに上の方にいたりします。企業名を検索窓に入力した ところで、その企業の公式ホームページがトップにくるとは限りません。例えば、一過性とは言え、あまりよくない評判がネットに流れたりします。
そ んな時、真偽も定かでない状況でも人の口に戸は建てられませんから、情報は広がってしまいます。そういう状況では、逆SEO対策によって、風評対策をとって、 防衛するという手段があります。やり方は何種類かあるようですが、これが結構ニーズもあるし、効果もあるといいます。確かに検索して、何ページも出てこな かったら、そこからしつこく探すような人もそうはいないですし、逆に知らない人がたまたま検索した項目の中で、上位に面白そうなものがあれば目が行くのは 人情というものです。
風評対策を積極的な姿勢ではなく、逆SEOという手法を使うのは、ある意味うまい方法だと思います。風評自 体がそもそも形も責任もつかみにくいものですから、まっとうな方法で公式見解を出したところで収まるものではありません。人の噂も75日なんて言います が、あれは75日は逆にどうやったっておさまらないんだから諦めろというニュアンスもあるようですから、裏から情報がそれ以上ひろがないようにするという 方法は、よく考えられた風評対策なんだと思います。

無料相談はこちら
無料相談はこちら