逆SEO対策(リバースSEO対策)により、貴社に対する誹謗中傷や悪評といったネガティブ検索結果表示を阻止します

2012.12.3

逆SEOと関連ワード

お久しぶりです
今回は 逆SEOと関連ワードを話します
yahoo等で検索した際結果の上部・下部に表示される関連ワード(Yahoo!であれば「虫眼鏡」、Googleであれば「他のキーワード」)に「ブラック」「詐欺」「悪徳」などのマイナスイメージとなるワードが表示されてしまう。
一度表示されてしまうと、クリックされ続けてしまい、いつまでも残ってしまうと言われています。ユーザーが自由に投稿できるブログや掲示板、質問サイトに悪評が掲載され、検索結果に表示されてしまう。
厄介な事にこれらは上位に出てきやすいと報告されています。2ちゃんねるの掲示板に、誹謗中傷や裏事情などの悪意あるネガティブ記事が表示されてしまう。
2ちゃんねるの削除依頼は掲示板を通して行うため、削除依頼文が2ちゃんねるユーザーの目に晒されてしまいます。
また必ずしも削除されるわけではないので削除依頼文だけが残ってしまうケースが多々ございます。
まずは個人名、企業名で検索してみてください。
気づかないうちにネットで誹謗中傷を受けていませんか?
ネットでの誹謗中傷被害は、年々増え続ける一方です。深刻なことに、個人・企業様の誹謗中傷を目的に、意図的にネガティブワードを表示させるケースも報告されています。
たかが誹謗中傷被害と侮ってはいけません。
20~50代の男女700名を対象に実施したアンケートで実に82%の人が初めての会社・お店は検索エンジンでリサーチしてから訪問するというデータが出ています。検索エンジン結果は広告で一番力をいれなければいけないと言っても過言ではありません。
それらを対策するのが逆seo対策です。

無料相談はこちら
無料相談はこちら