逆SEO対策(リバースSEO対策)により、貴社に対する誹謗中傷や悪評といったネガティブ検索結果表示を阻止します

2012.09.10

逆SEOと自社サイトの有効活用など

お久しぶりです
今回は 逆SEOと自社サイトの有効活用などを話します
インターネットの普及により、個人でもブログや掲示板などを使って、簡単に情報発信できるようになりました。これに比例して多くの人が、商品・サービスや企業に対し、その価値を判断する材料として「口コミ記事」や「書き込み」を重視するようになりました。
一方、このように影響力を持つようになった口コミや書き込みが、悪意をもった人物に利用される被害も発生しています。
企業や個人、商品を誹謗中傷する書き込みが検索結果に表示されたり、ネガティブワードが関連検索ワードに表示されたりして、企業や個人、商品の信頼・評判が損なわれ、大切なブランドに傷がつくなど、大きな被害を受けてしまうのです。
今や検索エンジンの利用者は人口の9割以上にも達しており、検索結果は、多くのステークホルダーに与える印象を左右します。ネガティブな検索結果や関連検索ワードを放置すれば、その風評被害はさまざまな方面へ拡大してしまいます。
逆SEO対策の場合口コミや書き込みがあるサイトを下げるのですが直接下げることはできません。
該当する検索ワードに引っ掻る場合にサイトの位置を間接的に5ページ以降などにしておくことです。
そのためには自社のサイトを上位にあげる質のサイトがなければならないのですが、少なくとも多少の商品の信頼・評判が下がることを避けられると思います。

無料相談はこちら
無料相談はこちら