逆SEO対策(リバースSEO対策)により、貴社に対する誹謗中傷や悪評といったネガティブ検索結果表示を阻止します

2012.12.11

逆SEOとイメージダウン低下防止

お久しぶりです
今回は 逆SEOとイメージダウン低下防止を話します
誹謗中傷、風評被害の対策をしてほしい。
悪評を書いた記事が検索結果に表示されるので、イメージダウンだ。
具体的には、個人名や会社名で検索すると、検索結果に
2ちゃんねるに書かれた誹謗中傷記事が出てきたり、ブログで悪評が書かれた記事が出てきたり、Yahoo!知恵袋やツイッターの記事が表示されることによって、ネガティブな印象を与えてしまうことがあります。
また、ライバルによる悪評に悩まされているケースもお聞きします。
それだけではなく、検索窓にキーワードを入力したときに、入力補助機能が効いて、「○○○(社名)+ブラック」などのネガティブキーワードが並んでしまったり、検索窓下の関連検索欄にもネガティブキーワードが並んでしまうこともあります。
ネットショップなどでは、最終購入前に会社名で検索して、購入決定する人も多いですし、リクルート時にも会社名で検索することがよくあります。
また、カリスマ社長や政治家の方が悪評に悩まされているというケースもお聞きします。
また、Yahoo!やGoogleの検索窓に、同じく会社名や個人名を入力すると、
「(個人名)詐欺」
「(会社名)詐欺」
「(薬名)副作用」
「(商品名)クレーム」
みたいな関連キーワードが表示されてしまうこともあります。原因は色々とあると思いますが、実際にそのような状況に陥っている方々は、苦しみも大きいと思います。
そこで。いわゆる、逆SEO対策と言われるのが使われていきます。

無料相談はこちら
無料相談はこちら