逆SEO対策(リバースSEO対策)により、貴社に対する誹謗中傷や悪評といったネガティブ検索結果表示を阻止します

2012.11.6

逆SEOでネガディブサイトから守る方法

お久しぶりです
今回は逆SEOでネガディブサイトから守る方法を話します
Yahoo!やGoogleで個人名や会社名を検索した結果ページに、ネガティブなサイトが上位表示している場合、貴社のブランドイメージを大幅に低下させる可能性があります。
例えば、2ちゃんねるスレッド関連記事や悪質なブログや掲示板などでのネガティブな書き込みです。
これらのサイトをそのまま放置しますと、ネガティブな記事を転載したりリンクするようなサイトが複数に飛散し、取り返しのつかない状況になってしまいます。
これらを解決する方法として大きく分けて2つございます。
1つは、対象のサイトや記事を削除する方法です。もう1つは、逆SEO対策によって表示順位を下げる方法です。
逆SEOでは、このような検索結果に表示されるネガティブなサイトの表示順位を早期に下げることで検索ユーザー(見込み客)に対する露出を防ぎ、貴社ブランドをお守りすることができます。
貴社の会社名や商品名などを検索する方は、会社との取引を検討している見込み客である可能性が高いです。
そのような前向きな会社であっても検索結果にネガティブなサイトが表示していた場合、取引を見直す可能性が高くなります。
このような機会損失を防ぐことが逆SEO対策の最大のメリットです。
逆SEO対策は大きく2つの手法に分かれます。
すでに上位表示可能な他サイトが複数存在している場合にはその複数の既存サイトに対して個々に対象キーワードでのSEO対策を実施致します。
また、上位表示可能な他サイトがほとんど無い場合には施策サイトや施策ブログを複数構築し、その制作サイトそれぞれに対象キーワードでのSEO対策を実施致します。

無料相談はこちら
無料相談はこちら