逆SEO対策(リバースSEO対策)により、貴社に対する誹謗中傷や悪評といったネガティブ検索結果表示を阻止します

2012.10.5

内部施策としてコンテンツの内容を非最適化する方法と逆seo

お久しぶりです
今回は 内部施策としてコンテンツの内容を非最適化する方法と逆seoなどを話します
これは、通常のSEOで「内部対策」と一般には言われていることの逆を行うことです。たとえばtitleタグについて通常の上位表示のための SEOならば「titleタグにキーワードを入れる、しかも先頭に近い位置に配置する」とするところを、逆SEO対策では「titleタグにキーワードを入れ ない、もしも入れても長いtitleにして最後尾近くに配置する」とします。このように、さまざまな内部対策の方策を、すべて真逆に行います。こうするこ とによって、検索結果の順位は下がっていくはずです。これらの施策はサイトオーナーが自サイトに行うものです。
しかし、これでも不十分ならば、テキスト部分をキャプチャーして画像に置き換えることが効果的です。検索エンジンは人間の目ように画 像を解読することはできないので、テキストを画像化してしまうことで順位を下げて、検索結果に出現することを防ぐことができます。とくにある特定のキー ワードだけを絞ってテキストを画像化してしまえば、確実にそのキーワードで上位表示はされることがありません。

無料相談はこちら
無料相談はこちら