逆SEO対策(リバースSEO対策)により、貴社に対する誹謗中傷や悪評といったネガティブ検索結果表示を阻止します

2013.04.19

検索エンジンにおける逆SEO対策の方法など

逆SEOはSEOとは別の物だ。
逆SEOは検索エンジンにも関係してます。
逆SEOは会社や商品の誹謗中傷や悪評を書いているサイトを下げていく方法だ。
逆SEOは特定のサイトに対して対応が行っている。
逆SEOは誹謗中傷の記事などに使います。
検索の際のサイトを下げるのは逆SEO
件数により時間のかかるのが逆SEOです
検索エンジンの結果で、悩みを抱えていませんか?自社のホームページの下に誹謗中傷や風評被害となりうるサイトが表示されているということはありません か?もしも、このような状態になっていて、どうすればいいのか困っている場合はすぐに逆SEO対策を行っていくことをお勧めします。逆SEO対策はここ数 年で注目されてきている技術であり、SEO対策の逆バージョンの方法であると言えば分りやすいかもしれません。
SEO対策は、表示させた いサイトを検索エンジンで上位に表示させる方法としてすでにご承知のことと思いますが、逆SEOはこの逆で、見てほしくはない、開いてほしくはないサイト やホームページなどを上位に表示させず2ページ目以降に押し下げることが可能となります。継続をして逆SEO対策を行っていくことで10ページ目などもっ と下位に押し下げることもできますし、場合によっては非表示にすることもできます。
また、個人の状況に応じて掲示板に投稿されてしまった 悪い記事の削除をスムーズに行うことができるなど、個人で依頼してもなかなか対応してもらえないことを可能にしてくれる強い味方が逆SEO対策です。逆 SEO対策は、SEO対策の知識があればできないことはないとは言われているものの、現実問題特殊な媒体を使って行われていることがほとんどですので、や はり逆SEO対策をするのであれば信頼ができ安心して任せられるプロに依頼するに限ります。
逆SEOでした
【関連ワード】
逆SEO対策 逆SEO方法 逆SEO費用 逆SEO料金 逆SEO手法
逆SEO外部 逆SEO内部 逆SEOyahoo 逆SEOグーグル 逆SEOエーディーシー

2013.04.16

インターネット上の誹謗中傷等による風評被害の軽減を目的とした「逆SEO対策」

逆SEOはSEOとは別の物です。
逆SEOは検索エンジンにも関係している。
逆SEOは会社や商品の誹謗中傷や悪評を書いているサイトを下げていく方法です。
逆SEOは特定のサイトに対して対応が行っていく。
逆SEOは誹謗中傷の記事などに使います。
検索の際のサイトを下げるのは逆SEO
件数により時間のかかるのが逆SEOです
「逆SEO対策」は、2ちゃんねるへの書き込みなどをはじめとしたインターネット上の誹謗中傷による風評被害への対策を目的として、ターゲットサイトの検索順位を人為的に下げることにより、風評被害やイジメ問題の解決を図ります。
ウェブページの評価は、(内部構造に起因する要素を除いて)概ね被リンク(バックリンク)元となるウェブページの評価(ランク)とリンク数の積算(掛け算)により総合的に計算されていることが知られています。
これは、「低評価のサイトからリンクされているサイト」よりも、「高評価のサイトからリンクされているサイト」の方が信頼できるに「違いないだろう」という考えに基づいています。
逆SEOでした
【関連ワード】
逆SEO対策 逆SEO方法 逆SEO費用 逆SEO料金 逆SEO手法
逆SEO外部 逆SEO内部 逆SEOyahoo 逆SEOグーグル 逆SEOエーディーシー

2013.04.11

逆SEOと費用

逆SEOはSEOとは別の物です。
逆SEOは会社や商品の誹謗中傷や悪評を書いているサイトを下げていく方法だ。
逆SEOは特定のサイトに対して対応が行っていきます。
逆SEOは検索エンジンにも関係します。
逆SEOは誹謗中傷の記事などに使います。
検索の際のサイトを下げるのは逆SEO
件数により時間のかかるのが逆SEOです
逆SEOとは、
新たなページを作って現在上位表示しているページよりも、さらに上位表示させる作業が必要です。
それに加えて逆SEOだけでなく、本当の会社のホームページを1位になるようにSEO対策もしなければなりません。
誹謗中傷の度合いによっては、新規ホームページを沢山作る事もあります。
さらに、何位まで逆SEOで下げれば納得するのかも依頼者によって異なります。
検索結果の1ページ目(10位以内)に、誹謗中傷が出なければOKという方もいたら
3ページ目(40位)までは逆SEOをして欲しい。という方もいます。
ホームページを新たに1つ作るのに、いくら掛かるのでしょうか?
それを大量に作るのには結構な費用になります。
1サイト50ページくらいのサイトを50個作って
全て逆SEOの作業をする。さらに本当の会社のサイトを上位表示させる。
5~10人掛かりで2週間掛かりっきりなんて事もあります。
芸能人や、大企業の逆SEOの経験は沢山ありますが、安易な価格ではないです。
「2~3万円で逆SEO出来ると思ってた。」なんて問合せもありますが無理です。
逆に、2~3万円でホームページを50個作ってみろ!って気持ちになります。
逆SEOは、通常のSEOよりも非常に手間の掛かる作業なんです。
逆SEOでした
【関連ワード】
逆SEO対策 逆SEO方法 逆SEO費用 逆SEO料金 逆SEO手法
逆SEO外部 逆SEO内部 逆SEOyahoo 逆SEOグーグル 逆SEOエーディーシー

2013.04.8

掲示板への対応をスムーズに行う方法とはと逆SEO対策

逆SEOは会社や商品の誹謗中傷や悪評を書いているサイトを下げていく方法です。
逆SEOはSEOとは別の物だ。
逆SEOは特定のサイトに対して対応が行っていく。
逆SEOは検索エンジンにも関係します。
逆SEOは誹謗中傷の記事などに使います。
検索の際のサイトを下げるのは逆SEO
件数により時間のかかるのが逆SEOです
掲示板等に投稿されてしまった誹謗中傷の記事、これは一般的には掲示板を運営している大元に連絡をして削除依頼することで可能となります。しかしながら、 数ヶ月前に問題となった掲示板のサイトもあるように削除依頼をしたとしてもなかなか対応してもらうことができないのが現状です。掲示板=自由に投稿すると いうイメージも強いですから、よほどのことがない限りは削除してもらうことができないと言えるのかもしれません。
だからといって、悪口や 誹謗中傷をそのまま放置しておけるほど人間はできていません。できることなら、これらの記事を早急に人目につかないようにしたい、誰もがそう思うのではな いでしょうか。個人の力では限界があったとしても、逆SEO対策を導入することでこれらを可能にしてくれるという事を知っている方は少ないはずです。逆 SEO対策を行っていけば、掲示板等に投稿されてしまった記事を早急に削除申請してもらうことができ、その効果も早く現れます。
効果的で、しかもリーズナブルな料金により実現できる逆SEO対策は、特殊な媒体を使って行われていますので個人で対策をしようと思ってもできる事ではありません。

逆SEOでした
【関連ワード】
逆SEO対策 逆SEO方法 逆SEO費用 逆SEO料金 逆SEO手法
逆SEO外部 逆SEO内部 逆SEOyahoo 逆SEOグーグル 逆SEOエーディーシー

2013.04.3

逆SEO対策の施策前後

逆SEOは会社や商品の誹謗中傷や悪評を書いているサイトを下げていきます。
逆SEOは特定のサイトに対して対応が行います。
逆SEOはSEOとは別の物です。
逆SEOは検索エンジンにも関係します。
逆SEOは誹謗中傷の記事などに使います。
検索の際のサイトを下げるのは逆SEO
件数により時間のかかるのが逆SEOです
■施策前
会社名を検索すると、クライアント様の信用を損ねるような内容の書込みがされたサイトや、その記述をコピーして作成された2ちゃんねるが多数上位に表示されており、お問い合わせの数が大幅に減少してしまった。
■施策後
逆SEO対策により、風評の書込みがされているサイトを2ページ目以降への下落に成功。対策完了後、お問い合わせ数が対策前の三倍まで増加した。
逆SEOでした
【関連ワード】
逆SEO対策 逆SEO方法 逆SEO費用 逆SEO料金 逆SEO手法
逆SEO外部 逆SEO内部 逆SEOyahoo 逆SEOグーグル 逆SEOエーディーシー

2013.03.29

相談することで逆SEO対策は可能になる

逆SEOは会社や商品の誹謗中傷や悪評を書いているサイトを下げます。
逆SEOは特定のサイトに対して対応が行えます。
逆SEOはSEOとは別の物です。
逆SEOは検索エンジンにも関係します。
逆SEOは誹謗中傷の記事などに使います。
検索の際のサイトを下げるのは逆SEO
件数により時間のかかるのが逆SEOです
ネットを利用するに当たり、お困りのことはありませんか?自社のホームページの下に表示されてほしくないサイトが表示されてしまっている、掲示板等に誹謗 中傷の記事がたくさん投稿されてしまっているなど、悩みを抱えている方もたくさんいらっしゃると思います。検索結果によって表示されてしまうサイトに関し ては、自由に表示を変えることはできないのが現状ではありましたが、現在は逆SEO対策という方法によりこれらが可能となりました。
見ら れてしまっては良くないサイトによりサービスの利用を躊躇してしまったり、自社のイメージダウンにつながってしまうことも少なくありません。これでは売り 上げが激減し、ビジネスに支障をきたす事は言うまでもありませんが、逆SEO対策を導入すればこれらのサイトを下位に押し下げることができるようになりま すので、人目につきにくくなります。となれば、必然的にホームページの閲覧者が多くなり、サービスや売り上げの向上にも繋がります。
ま た、個々の状況や要望に合わせて見合ったプランを作成し対策を講じていけるのがプロですから、やはり逆SEO対策をするのであればプロに依頼するに越した ことはないのです。料金等不安になられている方もいらっしゃるかもしれませんんが、効果がありながらも費用が負担にならないよう設定されていますし、成功 報酬も効果が現れてからの支払いというケースもあります。まずは逆SEO対策の必要性やどのような方法が適しているのか、無料相談などを利用してぜひお問 い合わせください。
逆SEOでした
【関連ワード】
逆SEO対策 逆SEO方法 逆SEO費用 逆SEO料金 逆SEO手法
逆SEO外部 逆SEO内部 逆SEOyahoo 逆SEOグーグル 逆SEOエーディーシー

2013.03.26

SEO/コンサルティング/逆SEO対策についての解説

逆SEOは会社や商品の誹謗中傷や悪評を書いているサイトを下げます。
逆SEOは特定のサイトに対して対応が行えます。
逆SEOはSEOとは別の物です。
逆SEOは検索エンジンにも関係します。
逆SEOは誹謗中傷の記事などに使います。
検索の際のサイトを下げるのは逆SEO
件数により時間のかかるのが逆SEOです
SEO/コンサルティング/逆SEO対策についての解説をします。SEOとは、Search Engine Optimizationの略で、検索エンジンの検索結果を最適化することで自分のサイトのURLを他のサイトのURLに優先して上位に表示されることで す。SEO対策は各サイトで検索エンジンのアルゴリズムを研究し様々な対策が立てられています。
次に、コンサルティングですが、顧客の現状を分析し、問題点を洗い出し、問題点の解決を提案することです。要は、有益な問題解決をすることをサービス業としています。どれだけ、顧客の立場を踏まえた琴線に触れるサービスが出来るかがポイントになると思います。逆SEO対策とは、顧客のサイトから見て、悪影響を与えるサイトのURLを非優先的に検索されるようにすることで、悪影響を起こすサイトの URLを表示されないように最適化することです。例えば、顧客のサイトを誹謗中傷するサイトなどを表示範囲から外に追い出すことです。
逆SEOでした
【関連ワード】
逆SEO対策 逆SEO方法 逆SEO費用 逆SEO料金 逆SEO手法
逆SEO外部 逆SEO内部 逆SEOyahoo 逆SEOグーグル 逆SEOエーディーシー

2013.03.21

誹謗中傷 風評被害 悪評対策と逆SEO

逆SEOは会社や商品の誹謗中傷や悪評を書いているサイトの検索結果を11位以下に落とします。
逆SEOは特定のサイトの順位を押し下げていきます。
逆SEOはSEOの応用です。
逆SEOはインターネット上で行います。
逆SEOは風評被害などにも使えます。
悪評を下げるのは逆SEOです
最近注目されているのは逆SEOです
誹謗中傷、風評被害の対策をしてほしい。
悪評を書いた記事が検索結果に表示されるので、イメージダウンだ。
最近、このような相談が多いようです。
具体的には、個人名や会社名で検索すると、検索結果に
2ちゃんねるに書かれた誹謗中傷記事が出てきたり、ブログで悪評が書かれた記事が出てきたり、Yahoo!知恵袋やツイッターの記事が表示されることによって、ネガティブな印象を与えてしまうことがあります。
また、ライバルによる悪評に悩まされているケースもお聞きします。
逆SEOでした。
【関連ワード】
逆SEO対策 逆SEO方法 逆SEO費用 逆SEO料金 逆SEO手法
逆SEO外部 逆SEO内部 逆SEOyahoo 逆SEOグーグル 逆SEOエーディーシー

2013.03.15

ネットでは早急な逆SEO対策が必要

逆SEOは会社や商品の誹謗中傷や悪評を書いているサイトの検索結果を11位以下に落とします。
逆SEOは特定のサイトの順位を押し下げていきます。
逆SEOはSEOの応用です。
逆SEOはインターネット上で行います。
逆SEOは風評被害などにも使えます。
悪評を下げるのは逆SEOです
最近注目されているのは逆SEOです
ネットビジネスが当たり前となってきている今、ネットを利用して商品を購入したりサービスを利用したりすることが珍しい事ではなくなってきました。ネット さえあれば、何でもできてしまうそんな時代になったと言っても過言ではないかもしれません。上手に活用することでネットの良さを引き出すことはできます が、残念ながらネットが当然のことのように行われるようになってきている現在は、個人や企業に対しての悪口などが投稿されているサイトも増えてきているの が現状です。
これらのサイトも悪意があるものもあれば、口コミ等の内容であることもありますが、いずれにしても利用してもらう側にとって は営業の妨げになったり、サービスの利用や商品の購入を躊躇させてしまうものになりかねません。だからといって、検索結果で表示されてしまうものはどうし ようもないというのが本音ではないかと思いますが、一見不可能に見える状態を可能にすることができる方法があることを知っていますか?
そ れは逆SEO対策と呼ばれている方法です。逆SEO対策をすることで、1週間~1ヶ月ほどで検索結果をクリーンなものにすることができます。今までどうす ることもできなかった批判サイトを下位に押し下げ、継続をして逆SEO対策を行っていくことによりもっと効果を得ることができます。誹謗中傷の記事の削除 なども個人ではなかなか対応してもらえないことも多いのですが、プロなら早急に削除させることができるといった、プロならではの技術力で満足のいくものに 仕上げてもらうことができます。ご興味のある方はぜひ、無料相談をご利用ください。
逆SEOでした。
【関連ワード】
逆SEO対策 逆SEO方法 逆SEO費用 逆SEO料金 逆SEO手法
逆SEO外部 逆SEO内部 逆SEOyahoo 逆SEOグーグル 逆SEOエーディーシー

2013.03.12

風評被害・誹謗中傷で起きる損失と逆SEO

逆SEOは会社や商品の誹謗中傷や悪評を書いているサイトの検索結果を11位以下に落とします。
逆SEOは特定のサイトの順位を押し下げていきます。
逆SEOはSEOの応用です。
逆SEOはインターネット上で行います。
逆SEOは風評被害などにも使えます。
悪評を下げるのは逆SEOです
最近注目されているのは逆SEOです
風評被害や誹謗中傷で起きる損失というのはすぐには体感出来ません。
その為に、ネット上に誹謗中傷サイトや悪評サイトがある事は分かっていても、今現在において実害がないと考えて放置しているところもあるようです。しかし、インターネットユーザーの大半は検索エンジンを利用して、検索エンジン経由で各サイトを閲覧しているというデータがあります。
悪評サイトや誹謗中傷サイトが検索エンジンの検索結果で上位に表示されてしまっていては、多くの人の目に付くようになり、結果的に少なくとも会社のイメージは損なわれてしまいます。
風評被害で売り上げが落ちてしまう可能性だって否定出来ません。
それだけではなく、元従業員たちが悪意のある書き込みを掲示板にして、それを就職活動中の学生さんたちが見てしまうと、普通は就職したくないと考えますよね。そうすると新規採用にまで影響が出てきてしまうのです。誹謗中傷サイトは放置せずに、なるべく早めに対処しましょう。
逆SEOでした。
【関連ワード】
逆SEO対策 逆SEO方法 逆SEO費用 逆SEO料金 逆SEO手法
逆SEO外部 逆SEO内部 逆SEOyahoo 逆SEOグーグル 逆SEOエーディーシー

2013.03.7

逆SEOとは一体何?

逆SEOは会社や商品の誹謗中傷や悪評を書いているサイトの検索結果を11位以下に落とします。
逆SEOは特定のサイトの順位を押し下げていきます。
逆SEOはSEOの応用です。
逆SEOはインターネット上で行います。
逆SEOは風評被害などにも使えます。
悪評を下げるのは逆SEOです
最近注目されているのは逆SEOです
最近日本では正当なクレームではなく、言いがかり的なクレーマーたちが増えているといいます。
企業側もクレーマー対策はしていますが、中にはインターネット上で特定の企業や商品を誹謗中傷しているサイトもあります。そういったサイトが検索結果で上位に入ってしまう事は企業側からすればイメージダウンですし、避けたい事です。
そういう需要に答えるように誕生したのが「逆SEO」です。
会社や商品の誹謗中傷や悪評を書いているサイトの検索結果を11位以下に押し下げてしまうのです。
通常のSEO対策とは反対の事をするので「逆SEO」なんですね。企業や商品に問題があったり、クレーマーではなく正当な批判だったりすると、逆SEO対策で特定のサイトの順位を押し下げてもまた次に別のところから同じような意見が上がってきたりする可能性があり、どこまで効果があるのか難しいところです。
あくまで、いわれなき風評被害で困っているような場合に効果のある方法です。
逆SEOでした。
【関連ワード】
逆SEO対策 逆SEO方法 逆SEO費用 逆SEO料金 逆SEO手法
逆SEO外部 逆SEO内部 逆SEOyahoo 逆SEOグーグル 逆SEOエーディーシー

2013.03.4

逆SEOと用語

お久しぶりです
今回は逆SEOと用語について話します
逆SEOとは、通常のSEO(検索エンジン最適化)とは逆に特定のWebページの検索順位を引き下げるための施策を取ることである。
しかし、質の悪いリンクを張るなどの施策では特定のWebページへの評価を下げることは現実的に不可能である。そのため、それ以外のWebページの評価を高め検索順位を引き上げることで、ターゲットのWebページの順位を相対的に引き下げるという方法が取られる。
そのため、逆SEOは誹謗や中傷を含む内容のWebページを検索結果に表示させたくない場合に行われることが多い。いわゆる炎上に対応するための施策のひとつである。
なお、逆SEO対策で競合他社のWebサイトの順位を引き下げることは実質的に不可能とされている。

2013.02.27

逆SEO対策とコスト

こんにちは
今日は逆SEO対策とコストについて話します
逆SEOはインターネット上の悪評・悪口・誹謗中傷でお困りの方の為の施策方法。検索結果に表示されるネガティブで迷惑なサイトの順位を下げさせます。一番低コ ストで逆SEO対策が出来るプランも会社によりあるようです。特にこのタイプはコストを成るべく抑えて根気よくジックリ対策出来る余裕のある人に向いてます。難易度の高いネガティブサイトを攻略するには上位版が相応しいが、長期戦をのぞめる人には難易度の高い相手でも年単位で見れば攻略可能の場合も多々あります。 逆SEO対策の難易度の低い事案とお試しに向いているプランです。難易度が低い案件であれば、最短で一週間の速さでクリーニングが可能です。

2013.02.22

逆SEOと風評被害対策

昔はインターネットの検索順位を上げるために使われていたSEO(今も使われてますが)も結構逆SEOのニーズがあるという話を聞くようになりました。考 えてみればあたり前ですが、インターネットだと情報の発信源なんか気にしないで、面白いものがいつのまに上の方にいたりします。企業名を検索窓に入力した ところで、その企業の公式ホームページがトップにくるとは限りません。例えば、一過性とは言え、あまりよくない評判がネットに流れたりします。
そ んな時、真偽も定かでない状況でも人の口に戸は建てられませんから、情報は広がってしまいます。そういう状況では、逆SEO対策によって、風評対策をとって、 防衛するという手段があります。やり方は何種類かあるようですが、これが結構ニーズもあるし、効果もあるといいます。確かに検索して、何ページも出てこな かったら、そこからしつこく探すような人もそうはいないですし、逆に知らない人がたまたま検索した項目の中で、上位に面白そうなものがあれば目が行くのは 人情というものです。
風評対策を積極的な姿勢ではなく、逆SEOという手法を使うのは、ある意味うまい方法だと思います。風評自 体がそもそも形も責任もつかみにくいものですから、まっとうな方法で公式見解を出したところで収まるものではありません。人の噂も75日なんて言います が、あれは75日は逆にどうやったっておさまらないんだから諦めろというニュアンスもあるようですから、裏から情報がそれ以上ひろがないようにするという 方法は、よく考えられた風評対策なんだと思います。

2013.02.19

逆SEO対策の必要性など

お久しぶりです
今回は逆SEO対策の必要性などについて語ります
「逆SEO対策」とは、
検索エンジンで上位に表示されないよう、下位を狙うようにすることです。
そもそもなぜこのようなことを行うのでしょう。
まず、第一に挙げられるのが、風評被害対策です。
インターネットではある特定の人や会社の商品についての悪口や誹謗中傷のサイトがあります。
第二に、特定の人たちに向けたサイト
不特定多数の人には知られたくない、共有したくないサイト
最 近では、検索エンジンの性能が良くなったせいで、このような情報もニーズがあれば容易に得られるようになっています。サイトの運営者やその情報のターゲッ トとされている個人や会社、その商品としては、公になってほしくない情報も検索結果に表示されてしまうこともあるのです。
そのため、逆SEOを提供している会社の場合には、上記の情報を検索してきたユーザによって、検索結果の上位に表示されないよう、つまり、不特定多数の人には見せたくないサイトなどを見つけにくくしたり、完全に排除したりすることが逆SEOなのです。

2013.02.14

逆SEOのことについて

こんにちは
本日は 逆SEOのことについて語ります
逆SEO対策とは、排他的SEO対策のことです。「社名」+「ネガティブワード」などで検索を行った際に、個人や企業に対して事実無根な悪評などを綴っている悪意あるウェブサイトを検索エンジンから除外いたします。検索エンジン上では、「社名」+「評判、倒産、悪評、苦情」などのネガティブなワードで検索を行った際に、事実とは関係のない誹謗中傷記事が検索結果に表示されてしまう場合があります。匿名性の高いインターネット上では悪意ある第三者からの事実無根の誹謗愁傷が発生しやすく、場合によっては企業の倒産などに発展するケースもあります。

2013.02.5

逆SEOとgooブログ対策

こんにちは
今日は逆SEOとgooブログ対策について話します
gooブログに風評を書かれてお困りの方は、gooブログ用の対策を行う必要があります。
Yahoo!ブログで風評の記事が出ている場合は、新たなgooブログを作成し、更新とseo対策によって、上位化する方法をおすすめします。
1−2個のブログが1ページ目にランクインすれば、風評ブログを1ページ目から削除する事ができます。
決して簡単な方法ではありませんが、成功率は高いといえます。またブログによって対策方法が異なる場合があります。

2013.01.31

SEO対策とWEBサイト運営者

お久しぶりです
今回はSEO対策とWEBサイト運営者について話します
SEO対策はYahooやGoogleの検索エンジンなどで上位表示を目指すことになりますが、逆SEO対策としてライバルサイトの表示ランクを落とすといった行為をする業者があるようです。
落とされたWEBサイト運営者はたまったものじゃありません。
お金をかけて業者に頼みSEO対策を行って上位表示させたのに外部業者から逆SEO対策されては営業妨害にもなりかねません。
このような業者に対しては、警告を与えてほしいものです。
やり方も悪質です。
ライバルサイトにスパムサイトからリンクをたくさん貼り付けるような内容です。
このような業者は長続きしないと思います。
またこういった目的ではなく逆SEO対策を行う場合もあるようです。
例えば会社のホームページをインターネット上で宣伝していますが、その会社の批判したサイトや2ちゃんねるに悪口が書かれたサイトなどが同じページにあったらどうでしょうか。
会社の評判はガタ落ちになってしまいます。

2013.01.28

逆SEOと誹謗中傷対策やSEO技術を応用した逆SEO対策が今必要になっている理由

お久しぶりです
今回は 逆SEOと誹謗中傷対策やSEO技術を応用した逆SEO対策が今必要になっている理由を話します
インターネットの普及は、沢山の恩恵と共に思わぬ副作用も生んでいます。例えば、今ではあたりに前になったネットショッピングですが、最近は テレビCM等よりも、実際に使った人のブログや、口コミサイトの評判等を見て決めるという人が少なくありません。つまり、ネットで流れている情報に価値を 見出す人が増えてきたという訳です。これはより良い商品を買いたいという消費者心理に基づく正当な行為であったはずでした。しかし、”ステルスマーケティング”という言葉に代表される ように、こういった動きを意図的にコントロールしようとする良くないことを考える連中が増えてきたのです。事実に反して、良くない物を良いと書いたり、逆 に良いものを悪いと書いてそれを広めるような動きをする人たちが出てきたのです。こうした動きは個人で発信するブログやSNS、掲示板に限らず、こういっ たことを請け負う業者まで出てきています。
本当に悪いものであれば悪いと書かれても仕方ありませんが、場合によってはライバル社の評判を落とすために口コミサイトを利用するような手法を用い ている企業まで出てくる始末で、こうした背景もあり、誹謗中傷対策や、SEO技術を応用した逆SEO対策が必要となってきたという訳です。
尚、誹謗中層対策などを業務として手掛ける業者も増えてきましたが、実効性のある対処法を持つところはまだ一握りです。実際に依頼する際は実績があるのか確認にした方が良いでしょう。

2013.01.23

逆SEOとGoogleの関連検索ワードの対策

お久しぶりです
今回は 逆SEOとGoogleの関連検索ワードの対策を話します
逆SEO対策でGoogle関連検索ワード(他のワード)を対策したいとの質問がよくあるみたいです。どこの会社でも基本は、Googleの関連検索ワード(他のワード)の風評対策も可能です。
ただし、Yahoo虫眼鏡削除に比べると大変難しく時間がかかります。検索ワードと風評ワードをお教えたら、診断の提案があるみたいです。
こちらも、初期費用無料、成功報酬で受け付けています。この対策が可能な会社は、非常に少ないと思います。

2013.01.18

ブログの逆SEO対策について

お久しぶりです
今回は ブログの逆SEO対策について話します
ブログの逆SEO対策の方法についてご紹介します。会社名、サービス名、個人名で検索した際に、アメブロ、ライブドア、FC2ブログ、Yahoo!グログ等の誹謗中傷の記事が出る場合は、1ヶ月程度で改善することが可能です。
早い段階で、対策した方がよいので、上位30位以内を時々お調べ下さい。検索エンジンの変化で、ある日突然1ページ目に上がって、お困りになる事もあります。その場合は、風評サイトと同じ種類のブログを作成し、1ページ目に上位化し、風評ブログを押し下げます。
ただし、被害が出てからブログを作って、毎日更新してもなかなか上位に上がらないと思いますが、新規のブログを1ヶ月程度で上位化する方法はあります。

2013.01.15

ネガディブサイトと逆SEO対策

お久しぶりです
今回はネガディブサイトと逆SEO対策を話します
検索BOXで「企業名」を入力した時に出てくるサイトがランクダウンの対象となります。
逆SEOではネガティブサイトを2ページ目以降に表示させ、機会損失やイメージダウンリスクを軽減します。
検索エンジンボックス内に出てくる、予測変換ワードが削除対象となります。
ネガティブサイトに直接施策を施すのではなく、存在するBlogや企業サテライトページなどの 中立サイトをSEO対策にて上位表示させる事で、結果的にネガティブサイトを2ページ目以降に押し下げます。

2013.01.9

掲示板での逆SEO対策のメリット

こんにちは
本日は 掲示板での逆SEO対策のメリットを話します
掲示板等を利用して、自分の意見を投稿することができます。チャットなどで多くの方と会話することもできますので、時間潰しなどに利用されている方も非常 にたくさんいます。掲示板依存症と言われるような、掲示板を一日中覗いているという方もいるくらい、今や掲示板は欠かすことができないツールになりつつあ ると言っても過言ではないかもしれません。
掲示板には、自分の知りたい情報や調べていたことが投稿されていることも少なくありませんか ら、情報を集める手段の一つとして利用するのは悪い事ではありません。しかしながら、掲示板の中には個人を名指ししたり、企業名をあげて否定されている記 事が多いことはご存知の方も多いでしょう。これらによって、トラブルに巻き込まれてしまったり、最悪の場合は犯罪を犯してしまうという方もいるのが現状で すから、自分がそのような立場にならないよう十分注意していくことが大切です。
だからといって、何をどのようにしていけばいいのかわから ないというのが本当のところではないかと思いますが、そのような時は逆SEO対策をお勧めします。逆SEO対策とは、SEOとは反対の目的を持っているも ので、表示されてほしくはないサイトを非表示にしたり、2ページ目以降に押し下げることができる方法です。しかも、掲示板等に投稿されている悪口を早急に 削除することができるなど、個人では到底できないような技術を使ってプロの方が対策を講じてくれます。

2013.01.4

SEO技術を応用した逆SEO対策が今必要になっている理由

お久しぶりです
今回はSEO技術を応用した逆SEO対策が今必要になっている理由を話します
インターネットの普及は、沢山の恩恵と共に思わぬ副作用も生んでいます。例えば、今ではあたりに前になったネットショッピングですが、最近は テレビCM等よりも、実際に使った人のブログや、口コミサイトの評判等を見て決めるという人が少なくありません。つまり、ネットで流れている情報に価値を 見出す人が増えてきたという訳です。
これはより良い商品を買いたいという消費者心理に基づく正当な行為であったはずでした。しかし、”ステルスマーケティング”という言葉に代表される ように、こういった動きを意図的にコントロールしようとする良くないことを考える連中が増えてきたのです。事実に反して、良くない物を良いと書いたり、逆 に良いものを悪いと書いてそれを広めるような動きをする人たちが出てきたのです。こうした動きは個人で発信するブログやSNS、掲示板に限らず、こういっ たことを請け負う業者まで出てきています。
本当に悪いものであれば悪いと書かれても仕方ありませんが、場合によってはライバル社の評判を落とすために口コミサイトを利用するような手法を用い ている企業まで出てくる始末で、こうした背景もあり、誹謗中傷対策や、SEO技術を応用した逆SEO対策が必要となってきたという訳です。
尚、誹謗中層対策などを業務として手掛ける業者も増えてきましたが、実効性のある対処法を持つところはまだ一握りです。実際に依頼する際は実績があるのか確認にした方が良いでしょう。

2012.12.25

逆SEOサービスを行う業者の見極め方

お久しぶりです
今回は 逆SEOサービスを行う業者の見極め方を話します
逆SEOサービスを行う業者の見極め方はどうすればいいのでしょう。
逆SEO対策の目的はいつの場合でも明確です。
誹謗中傷サイトや悪評サイトなどの検索結果の順位を押し下げる事です。
通常は順位を押し下げる為に、新規サイトを作ったりして誹謗中傷サイトなどの順位を押し下げて、1ページ目には表示されないようにします。
業者の見極め方はある程度知識がないと難しいかも知れませんが、スパム行為などを行っているような場合にはその会社はやめておいた方がいいでしょう。
また、通常のSEO対策よりも費用がかかるのが逆SEOサービスです。
余計なコストをかけない為にも、どういう方法で順位を押し下げるのか、という方法やそれについての詳細な部分を確認しておきましょう。
どうして順位が下がるのか、という部分をきちんと説明出来ないようでは怪しいと思って当然です。
一般の方にその方法を公開するのではなく、契約を交わしたクライアントへ説明するのですから説明出来ない事はないはずです。

2012.12.19

逆SEO対策の費用など

こんにちは
本日は 逆SEO対策の費用などを話します
例えば、【○×商事】と検索したときにその企業のブランドイメージを下げるような誹謗・中傷を記載したコンテンツをヤフーやグーグルなどの検索エンジンのトップページから消す作業を『逆SEO』と呼びます。
例えば、2ちゃんねるなどの匿名掲示板による風評被害や個人ブログ、クチコミサイト、ソーシャルメディアの風評被害など、企業にとってネガティブな誹謗中 傷サイトを10位以下(検索エンジンのトップページ以下)に私たちは、正攻法で逆SEOを行なっています。その検索キーワードで上位に上がるコンテンツを 作成し検索結果の2ページ目以降に風評被害のサイトを押し出すという手法です。
逆SEOは、普通のSEOとは違い多くのコンテンツを制作する必要があります。多ければ10件のコンテンツを作成する必要があります。(ヤフーやグーグルのデフォルトの表示件数が10件のため)
そのため普通のSEOよりも遙かに手間と時間がかかります。

2012.12.14

逆SEO対策とネット上の誹謗中傷等による風評被害のための対策

こんにちは
今日は 逆SEO対策とネット上の誹謗中傷等による風評被害のための対策を話します
掲示板「2ちゃんねる」への悪意のある書き込みをはじめとしたインターネット上での誹謗中傷は、企業の風評被害のみならず、子供のイジメ問題としても深刻な問題となっています。
インターネット上に一度書き込まれてしまった内容を完全に削除するためには、サーバ業者への依頼の他、当該ブログの管理者となっている個人ユーザなどにも依頼を行う必要があるなど、実質的に不可能と言えます。
逆SEO対策は、誹謗中傷などの書き込みがされたサイトがGoogle(グーグル)やYahoo!(ヤフー)などの検索に表示されないように対策を講じ、企業の風評被害問題や子供のイジメ問題の解決を図るサービスです。

2012.12.11

逆SEOとイメージダウン低下防止

お久しぶりです
今回は 逆SEOとイメージダウン低下防止を話します
誹謗中傷、風評被害の対策をしてほしい。
悪評を書いた記事が検索結果に表示されるので、イメージダウンだ。
具体的には、個人名や会社名で検索すると、検索結果に
2ちゃんねるに書かれた誹謗中傷記事が出てきたり、ブログで悪評が書かれた記事が出てきたり、Yahoo!知恵袋やツイッターの記事が表示されることによって、ネガティブな印象を与えてしまうことがあります。
また、ライバルによる悪評に悩まされているケースもお聞きします。
それだけではなく、検索窓にキーワードを入力したときに、入力補助機能が効いて、「○○○(社名)+ブラック」などのネガティブキーワードが並んでしまったり、検索窓下の関連検索欄にもネガティブキーワードが並んでしまうこともあります。
ネットショップなどでは、最終購入前に会社名で検索して、購入決定する人も多いですし、リクルート時にも会社名で検索することがよくあります。
また、カリスマ社長や政治家の方が悪評に悩まされているというケースもお聞きします。
また、Yahoo!やGoogleの検索窓に、同じく会社名や個人名を入力すると、
「(個人名)詐欺」
「(会社名)詐欺」
「(薬名)副作用」
「(商品名)クレーム」
みたいな関連キーワードが表示されてしまうこともあります。原因は色々とあると思いますが、実際にそのような状況に陥っている方々は、苦しみも大きいと思います。
そこで。いわゆる、逆SEO対策と言われるのが使われていきます。

2012.12.6

逆SEO対策とは

お久しぶりです
今回は逆SEO対策とはを語ります
インターネット検索サイトで、会社名や製品名・又は、社長や社員などの個人名を検索すると、誹謗中傷や悪口が書かれたウェブサイトが検索結果の上位に表示されて、お困りになった事はありませんか?
逆SEOとは、SEO対策(検索順位を上げる)に対して逆に【不適切なサイト】を検索上位から見えなくする(下に押し下げる)サービスのことです。
逆SEOでは第1ページ(10番目)に「不適切なサイト」の対象サイトが出てこないようにするようにします。
もちろん、2ページ目(20番目)までに「不適切なサイト」が現れないようにするということも可能です。

2012.12.3

逆SEOと関連ワード

お久しぶりです
今回は 逆SEOと関連ワードを話します
yahoo等で検索した際結果の上部・下部に表示される関連ワード(Yahoo!であれば「虫眼鏡」、Googleであれば「他のキーワード」)に「ブラック」「詐欺」「悪徳」などのマイナスイメージとなるワードが表示されてしまう。
一度表示されてしまうと、クリックされ続けてしまい、いつまでも残ってしまうと言われています。ユーザーが自由に投稿できるブログや掲示板、質問サイトに悪評が掲載され、検索結果に表示されてしまう。
厄介な事にこれらは上位に出てきやすいと報告されています。2ちゃんねるの掲示板に、誹謗中傷や裏事情などの悪意あるネガティブ記事が表示されてしまう。
2ちゃんねるの削除依頼は掲示板を通して行うため、削除依頼文が2ちゃんねるユーザーの目に晒されてしまいます。
また必ずしも削除されるわけではないので削除依頼文だけが残ってしまうケースが多々ございます。
まずは個人名、企業名で検索してみてください。
気づかないうちにネットで誹謗中傷を受けていませんか?
ネットでの誹謗中傷被害は、年々増え続ける一方です。深刻なことに、個人・企業様の誹謗中傷を目的に、意図的にネガティブワードを表示させるケースも報告されています。
たかが誹謗中傷被害と侮ってはいけません。
20~50代の男女700名を対象に実施したアンケートで実に82%の人が初めての会社・お店は検索エンジンでリサーチしてから訪問するというデータが出ています。検索エンジン結果は広告で一番力をいれなければいけないと言っても過言ではありません。
それらを対策するのが逆seo対策です。

2012.11.28

外部施策として検索結果の順位を制御する方法と逆seo

こんにちは
今日は 外部施策として検索結果の順位を制御する方法と逆seoを話します
外部施策として検索結果の順位を制御する方法
通常の上位表示をめざすSEOの外部対策ならば、ひたすら被リンク数を増やします。ところが、逆SEO対策では自サイトの被リンクの数を減らすことになります。しかし、単純に被リンクの数を減らすことはなかなかできない事情があります。多量の自作自演の被リンクを扱うSEO業者のようにすべての被リンクをリンク・コントロール・システムのようなプログラムで一元管理しているならばリンク数を減らすことは容易です。しかし、被リンクは基本的には自然発生的に増えているはずですし、コントロールできないほど大量の被リンクを受けている場合は、一度受けてしまった被リンクは解除することがなかなかできません。また、たとえば悪意のある被リンクをライバルからかけられてしまった場合(後述)は、なおさらです。被リンクは基本的に解除できないと考えてもいいでしょう。
1. Webマスターツール
これら自サイトへの被リンクを解除する方法のひとつは、前述のWebマスターツールを使います。つまり受けている被リンクをスパム報告することで被リンクを解除できることがあります。しかし必ずしもこのスパム報告ですべての被リンクを解除できるわけではありません。
上位表示をしているキーワードをアンカーテキストにしている被リンクだけを選んでいき、Webマスターツールでリンク解除していくことが効率的です。
2. Google Bowling
悪意のある被リンクとは、(1) 質の悪いスパムの被リンクを大量に受けることによって順位を落とす場合、(2) 大量のアンカーテキストを受けてマイナスイメージのあるキーワードで上位に表示される場合の2つがあります。
(1) はGoogle Bowling(グーグル・ボーリング)と呼ばれる手法で、アダルトサイト、ギャンブルサイトなどスパムと検索エンジンに認識された質の悪い被リンクを大量にかけることです。これが被リンク全体の一定以上の割合に達するとペナルティが発動されるようです。このペナルティを解除するためには、前述のWebマスターツールでスパム報告をして質の悪いリンクを削除する一方で、良質の被リンクを集めて質の悪い被リンクの割合が大きくなることを防ぐことです。
3. Google Bombs
(2) はGoogl Bombs(グーグル爆弾)と呼ばれる手法で、関連のない、悪意のあるキーワードで上位表示をされてしまうことです。これを防ぐには、(1) と同様にWebマスターツールでスパム報告をして質の悪いリンクを削除する一方で、良質の被リンクとアンカーテキストを増やすことです。しかし、これだけでは悪意のあるキーワードで上位表示を防ぐことは難しいかもしれません。この場合には、次節の「検索結果ページのなかにコントロールできるインデックスを増やす・・・方法」などを併用して上位表示を防ぐようにします。

2012.11.22

逆SEOと風評のこと

お久しぶりです
今回は 逆SEOと風評のことを話します
SEO対策の新ジャンルとして、逆SEO対策というものが登場しました。続々と、業界の各サービス会社が取り扱うようになっています。SEO対策と同じように、需要が高いですが、必要に迫られたとき、直接的に効果が得られるような対策が行われています。その一つに、風評対策があります。風評対策では、基本的に特定の企業や会社について、マイナスイメージが生まれるような口コミや、情報サイトへの投稿コメントが対象になります。
たとえば、あるお菓子のメーカーが、新開発した商品を、通常のSEO対策で売りだしたいと考えたとき、同時にインターネット上で、根も葉もないうわさが掲示板などのいたるところで出回り始めたとします。この場合、根も葉もないうわさをどうにかしなければ、多額の宣伝費を使ったり、キャンペーンを行ったりしても、新開発した商品を上手に売りだすことができないことになります。そこで、風評被害を食い止めるために、風評対策サービスを利用します。
風評対策の一部サービス内容は、良くない風評を削除することです。掲示板のほか、口コミサイトなどの風評にも対応しています。サービス会社によっては、即日対応してもらえるなど、風評被害に気付いたとき、すぐに利用できるようなところもあります。いくらSEO対策を万全の状態で取り組んでいたとしても、風評被害を野放しにしておくのは賢明な宣伝方法ではありません。すでに広範囲に好ましくないうわさが広まっている場合も、逆SEOサービスは使えます。

2012.11.19

逆SEOと中傷など

お久しぶりです
今回は逆SEOと中傷などを話します
最近、新しく作成したページを上位表示させることで、誹謗・中傷が書かれたページを相対的に下げる「逆SEO対策」というサービスが流行っています。(つまりやってることはSEO)
最初、ふんふんと思って読んでいたのですが、1つ疑問が。
誹謗・中傷かどうかをどうやって判断するんでしょうか?
誹謗・中傷を書かれた会社はもちろん「誹謗・中傷だ!」と主張するだろうし、書いた人は「事実じゃねぇか」と思うはずです。
確かに事実とは反することも書かれることはあると思いますが、その中にも事実なことは多少はあると思います。
消費者はそんなにバカじゃないですし、誹謗・中傷を信じる人はさよならってことである程度は解決していく方法もありだとは思いますね。

2012.11.14

誹謗中傷と逆seo

こんにちは
本日は誹謗中傷と逆seoを話します
掲示板「2ちゃんねる」への悪意のある書き込みをはじめとしたインターネット上での誹謗中傷は、企業の風評被害のみならず、子供のイジメ問題としても深刻な問題となっています。
インターネット上に一度書き込まれてしまった内容を完全に削除するためには、サーバ業者への依頼の他、当該ブログの管理者となっている個人ユーザなどにも依頼を行う必要があるなど、実質的に不可能と言えます。
逆SEO対策は、誹謗中傷などの書き込みがされたサイトがGoogle(グーグル)やYahoo!(ヤフー)などの検索に表示されないように対策を講じ、企業の風評被害問題や子供のイジメ問題の解決を図るサービスです。「逆SEO対策」は、2ちゃんねるへの書き込みなどをはじめとしたインターネット上の誹謗中傷による風評被害への対策を目的として、ターゲットサイトの検索順位を人為的に下げることにより、風評被害やイジメ問題の解決を図ります。

2012.11.9

逆SEOと下げたかなど

お久しぶりです
今回は 逆SEOと下げたかなどを見ていきます
インターネット検索サイトで、会社名や製品名・又は、社長や社員などの個人名を検索すると、誹謗中傷や悪口が書かれたウェブサイトが検索結果の上位に表示されて、お困りになった事はありませんか?
逆SEO対策とは、SEO対策(検索順位を上げる)に対して逆に【不適切なサイト】を検索上位から見えなくする(下に押し下げる)サービスのことです。第1ページ(10番目)に「不適切なサイト」の対象サイトが出てこないようにします。
もちろん、2ページ目(20番目)までに「不適切なサイト」が現れないようにするということも可能です。また検索エンジンの検索結果最下に関連検索結果がでてきます。
ここにもネガティブなワードのタイトルが現れる場合があるのでこのワードに対しても対策を行います。

2012.11.6

逆SEOでネガディブサイトから守る方法

お久しぶりです
今回は逆SEOでネガディブサイトから守る方法を話します
Yahoo!やGoogleで個人名や会社名を検索した結果ページに、ネガティブなサイトが上位表示している場合、貴社のブランドイメージを大幅に低下させる可能性があります。
例えば、2ちゃんねるスレッド関連記事や悪質なブログや掲示板などでのネガティブな書き込みです。
これらのサイトをそのまま放置しますと、ネガティブな記事を転載したりリンクするようなサイトが複数に飛散し、取り返しのつかない状況になってしまいます。
これらを解決する方法として大きく分けて2つございます。
1つは、対象のサイトや記事を削除する方法です。もう1つは、逆SEO対策によって表示順位を下げる方法です。
逆SEOでは、このような検索結果に表示されるネガティブなサイトの表示順位を早期に下げることで検索ユーザー(見込み客)に対する露出を防ぎ、貴社ブランドをお守りすることができます。
貴社の会社名や商品名などを検索する方は、会社との取引を検討している見込み客である可能性が高いです。
そのような前向きな会社であっても検索結果にネガティブなサイトが表示していた場合、取引を見直す可能性が高くなります。
このような機会損失を防ぐことが逆SEO対策の最大のメリットです。
逆SEO対策は大きく2つの手法に分かれます。
すでに上位表示可能な他サイトが複数存在している場合にはその複数の既存サイトに対して個々に対象キーワードでのSEO対策を実施致します。
また、上位表示可能な他サイトがほとんど無い場合には施策サイトや施策ブログを複数構築し、その制作サイトそれぞれに対象キーワードでのSEO対策を実施致します。

2012.11.1

逆SEOの施策内容

こんにちは
今日は逆SEOの施策内容を話します
ネットの最大の特徴でもあり、最も危惧しなければならないことの1つに、情報の拡散が挙げられます。
有益な情報も、不利益な情報も同じようにネットの上に存在しており、尚且つ、どちらもものすごい速さで世の中に知れ渡るスピードをもっています。
個人や団体を批判するような記事や口コミがたった一つあっただけでも、その記事を多くの人が共有することが出来てしまうのです。その影響は時にわたしたちの想像をはるかに越えることがあります。
口コミや評判を参考に、商品の購入を決める人は約6割ほどいるといわれています。
その6割の人たちが悪意のあるレビューを見てしまったら、購入ボタンを押してはくれませんしサービスを受けてみたいとは思いません。
ネット上には個人ブログやレビューサイトなどが数多くあります。そこにはいい評価も悪い評価もあるため、多くの情報を得られるわけですから便利なのですが商品の販売会社は戦々恐々でしょう。そのような、悪影響のあるレビューや誹謗中傷がかかれたサイトの順位を下げてしまう対策を「逆SEO」と呼んでいます。
ある統計によると、検索結果の2ページ目まで見る人の割合は25%程度となっており、大半の人は情報を深追いすることはないようです。
ですので、通常のSEOではあるキーワードでのサイトの検索順位を上げる対策をしますが、逆SEO対策では対象となるサイトを2ページ目以降、10位圏外へ下げることを目的としています。
具体的に、逆SEO対策では、順位を下げたい対象のサイトやブログ、ホームページに直接施策を行うわけではありません。
ここは正に逆転の発想です。新規に作成したブログやホームページ、または既存の別サイトに対象キーワードでSEO対策を行い、下げてしまいたいサイトよりも上位に表示させることで10位圏外に押しやってしまうという方法をとります。

2012.10.29

逆SEOと問題サイト

お久しぶりです
今回は 逆SEOと問題サイトなどを語ります
YahooやGoogleなどの検索エンジンで、自社名やブランドが悪く書かれてるページが検索順位の上位に来てしまっている。
そのために起きてしまう、営業機会の損失や、雇用機会の損失、企業・ブランドイメージの低下・・・。
いわゆる、風評被害が近年増加しております。大企業といえども、風評被害によりこうむる被害は無視できないほどの問題になってきています。
インターネットで、御社の情報を調べたユーザーがまず目にするのが検索エンジンの上位に来ている情報です。
検索した人のほとんどは、検索結果の1ページ目までしか見ません。
「上位に来ている情報なら確実だろう」とクリックをしてユーザーが見たものがもし、あなたが誹謗中傷されているサイトだったら?
こういったいわゆる「誹謗中傷サイト」を、検索結果の上位から落とし、御社の企業イメージを回復・守る、それが逆SEO対策です。

2012.10.24

自分で出来る逆SEO

こんにちは
本日は 自分で出来る逆SEOを話します
自分で出来る逆SEO対策【社内の情報共有】
風評被害対策はネガティブな内容でうので上司への報告が遅くなる傾向にあります。
大旨、役員会議や社長への報告は最後の段階になります。
しかし、被害は広範囲にわたります。
できれば、被害が出る前に社内で協議し事前準備されることをおすすめします。
自社なりにマニュアル化するのもよろしいと思います。
関連検索 ブログ対策 Q&Aサイト 2ちゃんねる削除 ミラーサイト削除
風評監視 予防措置 防衛措置 社内の情報共有 法的措置
自分で気になるサイトの押し下げをすることは可能です。ご自身でも対策を練ってはいかがでしょうか?

2012.10.19

逆SEOと対策のことなどについて

こんにちは
今日は 逆SEOと対策のことなどについて話します
検索エンジンで検索した人の多くが検索結果の1ページ目までしか見ません。つまり、上位10位以内に入っていなければ読まれる率は激減します。そこで対策したいキーワードで検索したときに、 問題のあるサイトがすべて11位以下になるようにします。(逆seo対策)
これは具体的にどのような作業をするかというと、対象キーワードに関する情報を掲載したサイトを新規に作成してそれらを検索エンジンで上位に表示させることで、問題あるサイトが上位に表示されないようにしていきます。 自動で生成した質の低いサイトなどではなく、会社のプロフィール、法人様の場合は会社や商品の特徴などをヒアリングしたうえできちんとしたサイトを作成します。
たとえば、商品の問題点を指摘するブログがたくさんあると、すでにその問題点は商品を改善することで解決しているにもかかわらず、そのことが消費者に伝わらないために機会損失が発生していることがあります。
このようなときに ”「商品名」 欠陥” などと検索してきた人に対して、問題を指摘するブログの代わりに自社で作成した「商品欠陥のお詫びと修正のご報告」というようなページを見てもらうことで、 消費者が安心して商品を購入することができます。事実無根の誹謗中傷は別ですが、まともな批評をするブログや掲示板の書き込みに関しては、抑えつけようとするのではなく問題を認めたうえで対応策を見てもらうという姿勢が大切です。

2012.10.16

SEO対策の新ジャンルの逆SEO

お久しぶりです
本日はSEO対策の新ジャンルの逆SEOを見ていきます
SEO対策の新ジャンルとして、逆SEO対策というものが登場しました。続々と、業界の各サービス会社が取り扱 うようになっています。SEO対策と同じように、需要が高いですが、必要に迫られたとき、直接的に効果が得られるような対策が行われています。その一つ に、風評対策があります。風評対策では、基本的に特定の企業や会社について、マイナスイメージが生まれるような口コミや、情報サイトへの投稿コメントが対 象になります。
たとえば、あるお菓子のメーカーが、新開発した商品を、通常のSEO対策で売りだしたいと考えたとき、同時にインターネット上で、根も葉もないうわ さが掲示板などのいたるところで出回り始めたとします。この場合、根も葉もないうわさをどうにかしなければ、多額の宣伝費を使ったり、キャンペーンを行っ たりしても、新開発した商品を上手に売りだすことができないことになります。そこで、風評被害を食い止めるために、風評対策サービスを利用します。
風評対策の一部サービス内容は、良くない風評を削除することです。掲示板のほか、口コミサイトなどの風評にも対応しています。サービス会社によって は、即日対応してもらえるなど、風評被害に気付いたとき、すぐに利用できるようなところもあります。いくらSEO対策を万全の状態で取り組んでいたとして も、風評被害を野放しにしておくのは賢明な宣伝方法ではありません。すでに広範囲に好ましくないうわさが広まっている場合も、逆SEOサービスは使えま す。

2012.10.11

逆SEOのことを再び見直す

お久しぶりです
今日は 逆SEOのことを再び見直すことにします
逆SEO(逆SEO対策)とは、排他的SEO対策のことです。「社名」+「ネガティブワード」などで検索を行った際に、 個人や企業に対して事実無根な悪評などを綴っている悪意あるウェブサイトを検索エンジンから除外します。
検索エンジン上では、「社名」+「評判、倒産、悪評、苦情」などのネガティブなワードで検索を行った際に、 事実とは関係のない誹謗中傷記事が検索結果に表示されてしまう場合があります。
匿名性の高いインターネット上では悪意ある第三者からの事実無根の誹謗愁傷が発生しやすく、 場合によっては企業の倒産などに発展するケースもあります。
ターゲットサイトの検索順位を下降させる施工を総称して逆SEOと呼びます。 逆SEOの施工には、4つの方法が存在します。
リバースSEOと呼ばれる場合もあります。

2012.10.5

内部施策としてコンテンツの内容を非最適化する方法と逆seo

お久しぶりです
今回は 内部施策としてコンテンツの内容を非最適化する方法と逆seoなどを話します
これは、通常のSEOで「内部対策」と一般には言われていることの逆を行うことです。たとえばtitleタグについて通常の上位表示のための SEOならば「titleタグにキーワードを入れる、しかも先頭に近い位置に配置する」とするところを、逆SEO対策では「titleタグにキーワードを入れ ない、もしも入れても長いtitleにして最後尾近くに配置する」とします。このように、さまざまな内部対策の方策を、すべて真逆に行います。こうするこ とによって、検索結果の順位は下がっていくはずです。これらの施策はサイトオーナーが自サイトに行うものです。
しかし、これでも不十分ならば、テキスト部分をキャプチャーして画像に置き換えることが効果的です。検索エンジンは人間の目ように画 像を解読することはできないので、テキストを画像化してしまうことで順位を下げて、検索結果に出現することを防ぐことができます。とくにある特定のキー ワードだけを絞ってテキストを画像化してしまえば、確実にそのキーワードで上位表示はされることがありません。

2012.10.2

逆SEO対策のことを話す

お久しぶりです
今回は逆SEO対策のことを話すことにします
SEO対策はYahooやGoogleの検索エンジンなどで上位表示を目指すことになりますが、逆SEO対策としてライバルサイトの表示ランクを落とすといった行為をする業者があるようです。
落とされたWEBサイト運営者はたまったものじゃありません。
お金をかけて業者に頼みSEO対策を行って上位表示させたのに外部業者から逆SEO対策されては営業妨害にもなりかねません。
このような業者に対しては、警告を与えてほしいものです。
やり方も悪質です。
ライバルサイトにスパムサイトからリンクをたくさん貼り付けるような内容です。
このような業者は長続きしないと思います。
またこういった目的ではなく逆SEO対策を行う場合もあるようです。
例えば会社のホームページをインターネット上で宣伝していますが、その会社の批判したサイトや2ちゃんねるに悪口が書かれたサイトなどが同じページにあったらどうでしょうか。
会社の評判はガタ落ちになってしまいます。
このような悪質なサイトを逆SEO対策して表示ランクを落とすということになります。
この逆SEO対策は、SEO対策ができる方なら可能のようですが、通常のSEO対策より手間がかかるそうです。
こういった健全な逆SEO対策を行っている業者はありますので、風評被害などある場合調べて依頼された方がよさそうです。

2012.09.27

内部ソースを逆に最適化すると逆seo

逆SEOとは、排他的SEO対策のことです。「社名」+「ネガティブワード」などで検索を行った際に、個人や企業に対して事実無根な悪評などを綴っている悪意あるウェブサイトを検索エンジンから除外いたします。検索エンジン上では、「社名」+「評判、倒産、悪評、苦情」などのネガティブなワードで検索を行った際に、事実とは関係のない誹謗中傷記事が検索結果に表示されてしまう場合があります。匿名性の高いインターネット上では悪意ある第三者からの事実無根の誹謗愁傷が発生しやすく、場合によっては企業の倒産などに発展するケースもあります。
内部ソースを逆に最適化する
検索エンジンに引っかかってしまうキーワードをウェブサイト上から削除します。これにより検索キーワードとウェブサイトの関連性が薄まり、検索結果に表示されなくなります。逆seo対策ではこの手法を使います。

2012.09.24

逆SEOとクローラー(スパイダー、ロボットともいう)の動きを制御する方法

お久しぶりです
今回は 逆SEOとクローラー(スパイダー、ロボットともいう)の動きを制御する方法のことを話します
クローラーの動きを制御する方法
検索エンジンは、全世界のサイトのデータを、クローラーというプログラムを使って収集しています。そしてクローラーから集められたデータを検索エンジンのデータベースにインデックス化して蓄積し、検索エンジンのユーザーに検索結果として閲覧できるようサービスしています。
サイト内にやってくるこのクローラーの動きを制御してしまえば、検索エンジンにデータをインデックスされることはなく、検索結果からも完全に排除することが可能です。そのため、この検索エンジンを制御する方法が、逆SEO対策の方法としてはもっとも確実で簡単だといえるでしょう。
しかし、クローラーの動きを制御できるには条件があります。サイトのオーナーであること、あるいはサーバーを自由に使える環境である必要があります。つまり、他人のサイトでは使えない手法なのです。

2012.09.19

逆SEOと問題のページを下げる方法

ご無沙汰してます
今回は 逆SEOと問題のページを下げる方法などを見ていきます
会社やお店のサービスが、ネット上で誹謗中傷されていることが増えています。 根拠のないデマなどを書きこまれた場合、該当サイトには削除要請などを行いましょう。 悪評が広がると、イメージダウンにより、信用低下・業績悪化に繋がる可能性もあります。 ただし、サイトの種類によっては、裁判による強制削除命令が必要な場合や、削除判断が難しいケースも多々あります。
そこで、逆SEOが役立ちます。
逆SEO対策は根拠のない悪質な悪評サイトや誹謗中傷ページを、相対的に検索順位の下位に落とすことを行います。
誹謗中傷を見つけ次第検索エンジン対策技術を応用して直ちに逆SEOを行うサービスです。
問題サイトの排除は、別に作成したサイトが問題ページよりも検索エンジンのアルゴリズムから高い評価を得ることで可能となります。

2012.09.13

ヤフーなどの検索ワードと逆SEOについて

お久しぶりです
今回は ヤフーなどの検索ワードと逆SEOについて話します
yahoo等で検索した際結果の上部・下部に表示される関連ワード(Yahoo!であれば「虫眼鏡」、Googleであれば「他のキーワード」)に「ブラック」「詐欺」「悪徳」などのマイナスイメージとなるワードが表示されてしまう。 一度表示されてしまうと、クリックされ続けてしまい、いつまでも残ってしまうと言われています。ユーザーが自由に投稿できるブログや掲示板、質問サイトに悪評が掲載され、検索結果に表示されてしまう。 厄介な事にこれらは上位に出てきやすいと報告されています。 たかが誹謗中傷被害と侮ってはいけません。 弊社が20~50代の男女700名を対象に実施したアンケートで実に82%の人が初めての会社・お店は検索エンジンでリサーチしてから訪問するというデータが出ています。検索エンジン結果は広告で一番力をいれなければいけないと言っても過言ではありません 逆SEO対策などが検索順位を変えることが多少あることもあり、特に販売系の会社は注意したほうがいいですね

2012.09.10

逆SEOと自社サイトの有効活用など

お久しぶりです
今回は 逆SEOと自社サイトの有効活用などを話します
インターネットの普及により、個人でもブログや掲示板などを使って、簡単に情報発信できるようになりました。これに比例して多くの人が、商品・サービスや企業に対し、その価値を判断する材料として「口コミ記事」や「書き込み」を重視するようになりました。
一方、このように影響力を持つようになった口コミや書き込みが、悪意をもった人物に利用される被害も発生しています。
企業や個人、商品を誹謗中傷する書き込みが検索結果に表示されたり、ネガティブワードが関連検索ワードに表示されたりして、企業や個人、商品の信頼・評判が損なわれ、大切なブランドに傷がつくなど、大きな被害を受けてしまうのです。
今や検索エンジンの利用者は人口の9割以上にも達しており、検索結果は、多くのステークホルダーに与える印象を左右します。ネガティブな検索結果や関連検索ワードを放置すれば、その風評被害はさまざまな方面へ拡大してしまいます。
逆SEO対策の場合口コミや書き込みがあるサイトを下げるのですが直接下げることはできません。
該当する検索ワードに引っ掻る場合にサイトの位置を間接的に5ページ以降などにしておくことです。
そのためには自社のサイトを上位にあげる質のサイトがなければならないのですが、少なくとも多少の商品の信頼・評判が下がることを避けられると思います。

2012.09.5

逆SEOとサイトの用意方法

お久しぶりです
今回は 逆SEOとサイトの用意方法なんで逆SEOとサイトの用意方法のことを語ります
最近では、インターネットの匿名性を利用し、企業様を誹謗中傷する内容の掲示板への書き込み、ブログの記事などによる風評被害が後を絶ちません。そこでそ のような言われも無い誹謗中傷に晒されている企業様の被害を最小限に食い止めるため、逆SEO対策を駆使して誹謗中傷サイトを下げていきます。風評サイト を下げる為には、通常10〜15サイトを風評サイトより上位表示させなければなりません。そこで上位表示しやすいオリジナルサイトを多数作成していきま す。施策方法は、ユーザーに閲覧されても問題のないWEBページを上位表示させることにより、相対的に誹謗中傷のWEBページを下位に落とします。誹謗中 傷サイトよりも下位にあるサイトの中から適切なサイトを選び、それらのサイトを上位ヒットさせ、風評サイトを下げていきます。もし、上位ヒットさせるサイ トが少ない場合は、いくつかサイトを制作し、それらのサイトにSEO対策をします。検索結果2ページ目まで閲覧するユーザーは全体の1%未満と言われてい ますので、11位以下まで順位を押し下げることができれば、ユーザーの目にはほとんどとまることはありません。

2012.08.31

逆SEOというものを改めてみてみましょう

ご無沙汰してます
今回は逆SEOというものを改めてみてみてみましょうか
最近「逆SEO」というのを書いていますが「逆」という言葉が付くわけですから、当然「SEOの反対」ということになるわけです。
SEOとは、あるウェブサイトについて、グーグルやヤフーの検索結果が、上位になるように対策を施すことです。検索順位が上位になればなるほど、そのサイ トは人目にふれることになります。ですから検索順位をどうしたら上げられるかということは、企業や個人がウェブサイトを運営する上で、非常に大事な問題と なるのですね。
それに対して逆SEO対策とは、あるサイトの検索順位を下げることを目的に、対策を施すということです。背景には、ネット上の誹謗中傷による風評被害の深刻化ということがあります。
インターネットでは誰でもが手軽に発信ができるようになったことから、良質的な情報だけでなく、悪意を持った人による特定の企業や個人に対する誹謗中傷の情報も、数多く発信されるようになっています。
自分の会社名や個人名を検索したときに、誹謗中傷サイトが検索順位の上位を占めるようになってしまっては、それが多くの人の目にふれることになってしまいます。誹謗中傷サイトの検索順位を下げることを目的に対策を施すことを、逆SEO対策というのです。

2012.08.28

逆SEOの方法などについて

お久しぶりです
今回は 逆SEOの方法などについて話します
逆SEO対策とは、言葉通り、SEOの「逆」で、特定のページを検索結果から除外させる、もしくは、著しく、表示順位を下げる手法の事を意味してい ます。逆SEOは、特定の個人や、企業に対して、言い掛かり的な悪評などを掲載している、有害サイトや誹謗中傷サイトを、検索エンジンから除外したいとい う需要から、発生しました。
例えば、AB社という会社が「ABC商品」という商品を販売していたとします。
その「ABC商品」が、Fさんに、言いがかりをつけられて、「ABC商品」の悪評を、Fさんのブログに書かれたりした場合、AB社はこの悪評が書かれているFさんのブログ記事を、検索結果から出てこないようにしたい、と思いますよね。
この様な需要から生まれた逆SEOです。逆SEOの方法の一例ですが、例えば、下記の様なやり方があります。
こちらは、googleなどの検索エンジンを提供している会社へ、悪評が掲載されているサイトを「有害なサイト」として申請するものです。こちらで申請が通れば、悪評を掲載しているサイトを検索結果から除外する事ができます。
ただし、AB社の「ABC商品」が風評被害に合った場合の例を、上記で記載しましたが、本当に「ABC商品」が「あまり良い商品ではなく」、ブログ に書かれた「ABC商品」への悪評も、「ちゃんとしたユーザーの評価」として認められれば、申請しても除外されたり、順位が下がったりするような事にはな らず、申請が却下される可能性はあります。
あくまで、このような申請の制度により、検索結果から除外する方法は、申請が「真っ当」で、「正当性がある」場合に可能な方法となります。
関連するページを量産して、検索除外したい対象のサイトの順位を下げる
「A」というキーワードで検索すると、「悪評の書かれたサイト」が1番にでてくる場合、
「「A」というキーワードで検索すると検索結果にでてくるサイト」
を、新たに作成し、検索結果で「悪評の書かれたサイト」よりも上に表示されるようにする、という物です。
「逆SEO」方法は上記以外にもいくつもありますが、ケースバイケースで、起こっている現象にあわせて、手法を組み合わせ行っていくことになります。

2012.08.23

逆SEOと情報の広まり方

お久しぶりです
今回のブログは逆SEOと情報の広まり方なんで逆SEOと情報の広まり方のことなどを話します
検索エンジン、ブログ、掲示板、SNSなどのインターネットメディアの普及と共に
様々な人が簡単にインターネットメディアにアクセスすることが可能となりました。
インターネットメディアは便利ではある一方で、必ずしも情報の精度が高くはない
メディアも多く存在しておりますが、その事実か否かが分からない情報を、事実と
捉え、風評被害が拡散してしまうことがあります。
特に、企業や企業が提供するサービス名において、そのような風評被害が発生することは
企業名のイメージダウン/新規営業の機会損失/取引先への信用低下/人材採用への悪影響/株価の低下 など
デメリットが大きく発生することがあり好ましいことではありません。
通常のSEO対策が、上位表示を希望する該当のサイトを検索エンジン結果で
順位表示化させていくものですが、
逆SEO対策とは、検索エンジン結果で順位を下げたいサイトを下げていく施策になります。
主に、順位を下げたいサイトというのは、誹謗中傷的な内容の記載があるサイトです。
この類のサイトを、検索エンジン結果の2ページ目以降に押し下げることにより、
検索エンジンを利用する人の目に触れること及び内容の閲覧の防止を図ります。

2012.08.15

逆SEO対策と企業の信用について

こんにちは
今日は 逆SEO対策と企業の信用についてということで逆SEO対策と企業の信用について話していきます
逆SEO対策とは、企業名等で検索した場合の1ページ目に表示される風評サイトを押し下げ又は削除するサービスです。
2ちゃんねる削除や逆SEO対策の難易度は、検索キーワードや表示されている風評サイトによって異なります。
またそもそも、ある日、突然、ネット風評被害に合うわけではありません。
多くの方は、1ページ目の上の方に出現してから気がつかれるのですが、50位以内を自社でご覧になれば、被害が出る前に風評サイトを発見できます。検索 キーワードは、自社名だけではなく、自社名_2ch、自社名_評判、等でも検索してみて下さい。また、関連検索や入力補助枠に風評が出現した場合も、厳重 な注意が必要です。
逆SEOなどをするのもそうですが、キーワードをあらかじめ知っておかないと知らない間に風評被害にあっていたということもあります。
企業の信用が落ちるだけでなく取引している会社の方にも影響が出ることがあるので、逆SEO対策は自社だけでなく子会社やグループ会社含め全体的な問題リスクを回避するために必要だと思いますね。

2012.08.10

逆SEOと記事をすぐに消せないときは

ご無沙汰してます
今回は 逆SEOと記事をすぐに消せないときはなんで逆SEOと記事をすぐに消せないときはのことを見ていきます
yahoo等で検索した際結果の上部・下部に表示される関連ワード(Yahoo!であれば「虫眼鏡」、Googleであれば「他のキーワード」)に「ブラック」「詐欺」「悪徳」などのマイナスイメージとなるワードが表示されてしまうことが増えています。
一度表示されてしまうと、クリックされ続けてしまい、いつまでも残ってしまうと言われています。ユーザーが自由に投稿できるブログや掲示板、質問サイトに悪評が掲載され、検索結果に表示されてしまうのです。
厄介な事にこれらは上位に出てきやすいと報告されています。
まずは個人名、企業名で検索してみてください。
気づかないうちにネットで誹謗中傷を受けていませんか?
ネットでの誹謗中傷被害は、年々増え続ける一方です。深刻なことに、個人・企業様の誹謗中傷を目的に、意図的にネガティブワードを表示させるケースも報告されています。たかが誹謗中傷被害と侮ってはいけません。
ある会社が20~50代の男女700名を対象に実施したアンケートで実に82%の人が初めての会社・お店は検索エンジンでリサーチしてから訪問するというデータが出ています。検索エンジン結果は広告で一番力をいれなければいけないと言っても過言ではありません。
逆SEO対策では記事の削除を行うことはできませんが、検索エンジンで「企業名」「企業名 評判」「企業名 口コミ」などでユーザーが検索した際に、企 業様の悪評などネガティブな検索結果が表示されるのを防ぐことはできます。ユーザーが自由に投稿できるブログや掲示板、質問サイトに悪評が掲載され、検索 結果に表示されてしまうケースが多くなっています。企業の信用問題につながる悪評サイトを検索結果から排除することで一時的にでもイメージダウンを減らす という効果はあるんですよね。そこから回復するかは分かりませんが・・・。

2012.08.2

ここの最近の逆SEOのこと

こんにちは
本日はここの最近の逆SEOのことなんでここの最近の逆SEOのことのことを話します
誹謗中傷というものは、もちろん個人に対してだけとは限りません。
企業に対しての誹謗中傷や風評被害も数多くあります。
特にネットには数多くの情報が飛び交っており、顔も見えず、匿名であるということから、平気で悪意に満ちた書き込みが数多く存在します。
最近はネットでのそうした誹謗中傷や風評被害対策として、逆SEO対策という手法をとっている企業も多くあるようです。
要は、企業名や商品名などでネット検索を行った際に、検索エンジンの検索結果に、自社に対してのネガティブなことを載せているサイトを表示させないようにするわけです。
悪い噂というものは、いい噂よりも広まるのが速く、広まるほどに内容も誇張されたりするので質が悪いといえます。
さらに、人というのは、どういうわけかいい噂よりも悪い噂の方を信用しますので、現代のように情報が氾濫している世の中で、企業イメージを保ち続けるというのは非常に大変であるといえます。
ここ最近の傾向としては企業の評判などが特に厳しい部分が多いようですね。

2012.07.30

逆SEOなどのこと

こんにちは
本日のブログは 逆SEOなどのことを話します
逆SEOとは?
逆SEOとは、インターネット上の風評被害や誹謗中傷から企業・個人を守るために、検索結果におけるネガティブイメージのサイトのランクダウンを狙う対策 です。逆SEO対策の名前の由来は、検索結果上位化を行うSEO対策の逆の効果を期待するところから、逆SEOと名付けられました。
逆SEOの対象検索エンジンは?
逆SEO対策では、Google社の検索エンジンを中心に行います。Yahoo! JAPANを代表とする多くの検索エンジンでは、Google社より検索結果の提供を受けているため、結果的にYahoo! JAPANをはじめ多くの検索エンジンにおいても、対策による効果を期待することができます。

2012.07.25

ネット風評被害対策という逆SEOなど

こんにちは
本日は ネット風評被害対策という逆SEOなどなんでネット風評被害対策という逆SEOなどを話します
会社やサービスをインターネットで検索すると、その会社の作った紹介ページの下に風評被害や誹謗中傷のページが掲載されていることがよくある。そん な情報がある会社と取引したいだろうか、サービスを利用したいだろうか。たいていの人は「大丈夫なのか?」と、利用を控えようと思うのではないでしょう か。このような、企業にとってマイナスな情報が人目につかないように検索順位を落とすサービスが逆SEO対策です。
個人でもブログや掲示板などを利用して情報の発信が行える時代ですし、インターネットを活用して情報収集をするのは常識です。「評判」、「口コミ」、「評価」などが検索候補にのぼるくらい多くの人が、このようなキーワードを入力しているのです。
昔から、火のないところに煙はたたないと言われています。しかし、その評判やクチコミが真実なのか虚偽なのかは関係ありません。みなさん、失敗や損をした くないので、悪い情報が書かれている企業とは関わりたくありません。商品も買いたくありません。私も「○○株式会社は詐欺だ」と書かれた記事を見つけてし まったら、まず警戒しちゃいますし、出来る事ならば関わりたくありません。
もし風評被害を受けているとしたら、企業は信用・ブランドを失い売上が激減していしまいます。

2012.07.20

逆SEOとYahooやGoogleの検索結果など

お久しぶりです
今回のブログは 逆SEOとYahooやGoogleの検索結果などですので逆SEOとYahooやGoogleの検索結果などを説明します
逆SEOとYahooやGoogleの検索結果
逆SEO対策とは、Yahoo、Googleなどの検索エンジンにおいて、検索結果ページに表示される問題となる悪質なページの順位を、現状よりも 下げる、または検索結果ページから完全に排除することを目的としています。例えば掲示板やブログに、御社の不評が書かれた記事が検索結果の上位に表示され ているとした場合、そのブログや掲示板が検索結果の上位に表示されないよう、常に圏外にしておくことができる対策です。
YahooやGoogleの検索結果で、風評サイトよりも下位にヒットするサイトにSEO対策を行い、風評サイトよりも上位にヒットさせます。
これを繰り返すことによって、11位以下の目立ちにくい順位に、風評サイトを下げます。
検索エンジンは悪質なページと判断するかの基準があるのでそれにひっかれば自動的に検索から除外されるので望みは薄いですが下位に落としたあとも申請などはしていた方がいいです

2012.07.17

逆SEOと会社について

ご無沙汰してます
今回のブログは 逆SEOと会社についてということですんで逆SEOと会社などを紹介します
逆SEO対策とは社名、サービス名で検索をした際に、検索結果上位に誹謗中傷サイトが表示された場合の対策です。
30〜100サイトを作成し、作成したサイトにSEO対策をすることで、ネガティブサイトを相対的に下位に押し下げていきます。
30〜100サイトを作成し、それぞれのサイトにSEO対策を施していきます。検索結果の1ページ目(10位)から排除するだけでなく、2ページ目、3ページ目…の対応もできます。
また逆SEOを行う際の情報管理も大切です、キーワードにあった内容ではないと検索上位に上がらないのでサイトの方向性も決めていかなければなりません。

2012.07.6

逆SEOと標的URLの検索順位のこと

大分お久しぶりです
今回の逆SEOブログは逆SEOと標的URLの検索順位のことなんで逆SEOと標的URLの検索順位のことのことを紹介します
「逆SEO対策」という言葉を聞いた事がある方は多いと思います。
「逆」という文字がついているくらいですから、意味は「SEO対策の逆」を想像してもらえたらと思います。
標的URLの検索順位を上げて上位表示(10位内表示)や1位表示を達成するのがSEO対策だとすれば、標的URLの検索順位を検索圏外(11位以下、2ページ目以降)まで落として下位表示を達成するのが逆SEO対策だといえます。
標的URLの順位を上げるのがSEO対策で、順位を下げるのが「逆SEO対策」と考えて頂ければ間違いないです。
さて、逆SEO対策ですが、実際にはどうやってターゲットキーワードで標的URLの順位を下げるのでしょうか?
逆SEO対策では、ターゲットキーワードで検索した時に、標的URL以外で上位に表示される他のURL群に外部SEO対策(外部リンク対策,被リンク対策)を施す事で、標的URLの順位を下げます。
外部SEO対策により、他のURL群のSEOスコアが標的URLを上回れば、他のURL群は標的URLよりも上位に表示されます。
その結果として標的URLの検索順位は下がります。
これが逆SEO対策と呼ばれるものです。
逆SEO対策では標的URLに直接外部SEO対策を施して順位を落とすわけではありません。
標的URLに直接外部SEO対策(被リンク対策・バックリンク対策)を施してしまうと、逆にその標的URLを更に強化してしまう結果となりますので、標的URLには間違っても被リンクは浴びせません。
被リンクを浴びせるのは、標的URL以外で上位にランクしているURL群です。
通常の外部SEO対策では被リンクの付け方が悪いと順位が短期的に落ちたり上がらなくなる事もありますが、これを順位を落としたい標的URLに用いる事は通常しません。
なぜかといえば、上手くいけば確かに短期的には標的URLの検索順位は落ちますが、中期や長期的には標的URLのSEOスコアが更にアップして強化されてしまう可能性が高いからです。
被リンクの付け方が悪いと標的URLは一時的にはペナルティを受けて検索圏外まで順位は落ちます。
しかし、その被リンクによるペナルティ(SEOスコア減点)はたいていは短期的・一時的なものです。
ある程度時間が経過するとペナルティの自動解除により失っていたSEOスコア(減点分のSEOスコア)は回復してしまいます。
中期や長期でみると逆SEO対策により新たに追加された被リンク分だけ標的URLのSEOスコアは元よりもアップしてしまうのが普通です。
ですので逆SEO対策を行うにあたっては、SEOを知っているSEO対策者であれば、間違っても標的URL自体に順位を落とすための被リンク対策を施したりはしません。
標的URLに負の被リンク対策を施して「被リンクに起因するペナルティ」を誘発し検索順位を落とせるのは短期間です。

2012.07.2

逆SEOによるイメージ低下の防止のこと

お久しぶりです
今回の 逆SEOブログは逆SEOによるイメージ低下の防止のことなんで逆SEOによるイメージ低下の防止のことを話します
逆SEO対策とは、SEOの技術によってPRサイト・中立サイト、ブログ等を上位化して、誹謗中傷サイトを押し下げる通称、逆SEOと呼ばれるものです。
逆SEOはネット誹謗中傷から、企業ブランド、イメージを守るために様々な対策を行います
yahooやGoogleなどの検索エンジンで、2chサイトや口コミサイトが上位ヒットして、そこを開いたら、自社の悪口が書かれている。そのため、売り上げが激減。このままでは、ライバルにシェアを奪われてしまう・・・。
このようなネット誹謗中傷が、年々増加しています。
逆SEO対策では、このような問題の解決するとともに下がり続けるイメージ低下の防止にも使われます。

2012.06.29

逆SEOとネガティブサイト

こんにちは
本日の 逆SEOブログは逆SEOとネガティブサイト なんで逆SEOとネガティブサイト について語ります
あなたの商品を購入しようかと検討している潜在顧客や、新規の取引を検討している取引先候補などが、そのような重要な意思決定をするとき、検索エンジンであなたの「会社名」や「商品名」「サービス名」を検索して調べています。
しかし、Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンで、会社名や商品名・サービス名、あるいは特定の個人名で検索すると…
批判的なサイトや誹謗中傷ブログ、悪質な書き込みがされた掲示板・2ch等、マイナスの検索結果が上位に表示されてしまって困っていませんか?
逆SEO対策は社名、サービス名で検索をした際に、検索結果上位に誹謗中傷サイトが表示された場合の対策です。
30〜100サイトを作成し、作成したサイトにSEO対策をすることで、ネガティブサイトを相対的に下位に押し下げていきます。
30〜100サイトを作成し、それぞれのサイトにSEO対策を施していきます。検索結果の1ページ目(10位)から排除するだけでなく、2ページ目、3ページ目…とっいた対策が可能です。

2012.06.25

逆SEOとは?ページ順位を下げる方法や手段を解説

お久しぶりです
今回の逆SEOブログは逆SEOとは?ページ順位を下げる方法や手段を解説 について説明します
今回の逆SEO対策について解説は逆SEOとは?ページ順位を下げる方法や手段を解説なんで逆SEOとは?ページ順位を下げる方法や手段を解説のことを見ていきます
逆SEO対策とは、言葉通り、SEOの「逆」で、特定のページを検索結果から除外させる、もしくは、著しく、表示順位を下げる手法の事を意味しています。
なぜ、ページの検索結果を下げる様な「逆SEO」が出てきたのか
逆SEOは、特定の個人や、企業に対して、言い掛かり的な悪評などを掲載している、有害サイトや誹謗中傷サイトを、検索エンジンから除外したいという需要から、発生しました。
例えば、AB社という会社が「ABC商品」という商品を販売していたとします。
その「ABC商品」が、Fさんに、言いがかりをつけられて、「ABC商品」の悪評を、Fさんのブログに書かれたりした場合、AB社はこの悪評が書かれているFさんのブログ記事を、検索結果から出てこないようにしたい、と思いますよね。
この様な需要から生まれた逆SEOです。
方法としては
検索エンジン(google)へ、除外してもらうように申請する
こちらは、googleなどの検索エンジンを提供している会社へ、悪評が掲載されているサイトを「有害なサイト」として申請するものです。こちらで申請が通れば、悪評を掲載しているサイトを検索結果から除外する事ができます。
ただし、AB社の「ABC商品」が風評被害に合った場合の例を、上記で記載しましたが、本当に「ABC商品」が「あまり良い商品ではなく」、ブログに書かれた「ABC商品」への悪評も、「ちゃんとしたユーザーの評価」として認められれば、申請しても除外されたり、順位が下がったりするような事にはならず、申請が却下される可能性はあります。
しかしこれで除外されることがない可能性もあるのでサイトを作成してあげていく必要も出てきます

2012.06.22

マイナスの検索結果と逆SEO

お久しぶりです
今回の逆SEOブログはマイナスの検索結果と逆SEOなどを紹介します
あなたの商品を購入しようかと検討している潜在顧客や、新規の取引を検討している取引先候補などが、そのような重要な意思決定をするとき、検索エンジンであなたの「会社名」や「商品名」「サービス名」を検索して調べています。
しかし、Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンで、会社名や商品名・サービス名、あるいは特定の個人名で検索すると…
批判的なサイトや誹謗中傷ブログ、悪質な書き込みがされた掲示板・2ch等、マイナスの検索結果が上位に表示されてしまって困っていませんか?
マイナスの検索結果がユーザーの目に入ると、商品購入をためらったり、企業イメージに傷がついたりして、営業の機会損失や信用面で、深刻な風評被害を受け ることになります。それだけでなく、貴社の社員や採用応募者、取引先企業などもこの検索結果を目にします。放置していると、多方面で予期せぬ悪影響を及ぼ してしまいます。
逆SEO対策により、Yahoo!やGoogle等の検索結果において、「マイナスの検索結果」の表示順位を押し下げます。
誹謗中傷や悪質な書き込み等がされたサイトやブログ(Blog)、掲示板、2ちゃんねる(2ch)を目に触れにくくして、貴社の信用と利益を守ります。

2012.06.21

逆SEOとURL

皆さんこんにちは
今日のブログは 逆SEOとURLなんで逆SEOとURLのことを話します
「逆SEO対策」という言葉を聞いた事がある方は多いと思います。
「逆」という文字がついているくらいですから、意味は「SEO対策の逆」を想像してもらえたらと思います。
標的URLの検索順位を上げて上位表示(10位内表示)や1位表示を達成するのがSEO対策だとすれば、標的URLの検索順位を検索圏外(11位以下、2ページ目以降)まで落として下位表示を達成するのが逆SEO対策だといえます。
標的URLの順位を上げるのがSEO対策で、順位を下げるのが「逆SEO対策」と考えて頂ければ間違いないです。
さて、逆SEO対策ですが、実際にはどうやってターゲットキーワードで標的URLの順位を下げるのでしょうか?
逆SEO対策では、ターゲットキーワードで検索した時に、標的URL以外で上位に表示される他のURL群に外部SEO対策(外部リンク対策,被リンク対策)を施す事で、標的URLの順位を下げます。
外部SEO対策により、他のURL群のSEOスコアが標的URLを上回れば、他のURL群は標的URLよりも上位に表示されます。
その結果として標的URLの検索順位は下がります。

2012.06.20

逆SEOと検索除外など

こんにちは
今日の逆SEO対策ブログは逆SEOと検索除外などを話します。
あなたの商品を購入しようかと検討している潜在顧客や、新規の取引を検討している取引先候補などが、そのような重要な意思決定をするとき、検索エンジンであなたの「会社名」や「商品名」「サービス名」を検索して調べています。
しかし、Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンで、会社名や商品名・サービス名、あるいは特定の個人名で検索すると…
批判的なサイトや誹謗中傷ブログ、悪質な書き込みがされた掲示板・2ch等、マイナスの検索結果が上位に表示されてしまって困っていませんか?
マイナスの検索結果がユーザーの目に入ると、商品購入をためらったり、企業イメージに傷がついたりして、営業の機会損失や信用面で、深刻な風評被害を受けることになります。それだけでなく、貴社の社員や採用応募者、取引先企業などもこの検索結果を目にします。放置していると、多方面で予期せぬ悪影響を及ぼしてしまいます。
逆seoで有効なものは検索エンジンで特定サイトの除外申請を行うことです。
とはいえ検索エンジン側で不適切なサイトと判断されなければ除外されることがないのでそれなりの根拠などを報告することも重要ですね。

2012.06.1

1ドメイン2サイトルール

検索エンジンには「1ドメイン2サイトルール」というものがあります。これは、1つの検索キーワード(検索結果) に対し、1ドメインにつき2サイトまでしか原則表示されないというルールです。しかし、最近は検索結果の1位に表示されるドメインに関しては同一ドメインが1位から4位くらいまでを占めるケースが一般的になっています。よって、対象サイトが1~4位の上位に表示されている場合では、同一ドメインサイトを4サイト以上必要とするケースも多くなってきています。検索結果上位に位置する情報に関しては多くの情報を公開することがユーザーに対して有益だという検索エンジンの考えでしょう。それだけ作業量が増えるということです。逆SEO対策も年々難易度が上がってきています。

2012.05.18

逆SEOはSEOと同じ要領で出来る?

「逆SEO対策」は一般的な「SEO対策」ができる方ならば施策は可能です。しかし、少し特殊なSEO対策になります。逆SEOは普通のSEOよりも難易度が高いといえます。それは普通ののSEOは上位表示させようとするサイト自体に手を加えることができますが、逆SEOは検索結果を下げたいネガティブサイトに対しては手を加えることが出来ないのです。したがって、ネガティブサイトを検索結果から排除するためには、他のサイトを上位表示させることで相対的にネガティブサイトを押し下げる必要があります。検索結果1P目だけを対象に考えても、他のサイトを対策用に構築するための作業量は普通のSEOに比べて10倍になりますし、ネガティブサイトが上位に固定されている場合は相当な難易度を伴います。基礎は同じでもSEOと逆SEOではツボとなるポイントが異なるのでできれば、やはり専門会社にまかせるほうがいいと思います。

2012.05.15

SEOスタッフによる逆SEO対策レポート

逆SEO(リバースSEO)対策とは、キーワード検索した際に表示されるネガティブな検索結果を上位表示させない手法と一般的に言われています。
このように定義づけされると「見られるとマズイものを見えないようにする」ということで、なんとなく後ろめたいイメージですが、「企業名」などで検索された際の検索結果1ページ目を自社関連サイトで独占したいと考えること自体は、検索エンジンマーケティングの手法として有意義だと当社は考えております。
また、匿名掲示板などを利用して嫌がらせ目的の誹謗中傷記事などが検索結果の上位に表示された場合などは、緊急性の観点からも逆SEO対策は必要な企業のリスクマネジメントだと思います。
このブログでは逆SEOの正しい使い方について解説していきます。

無料相談はこちら
無料相談はこちら