逆SEO対策(リバースSEO対策)により、貴社に対する誹謗中傷や悪評といったネガティブ検索結果表示を阻止します

評判管理の必要性

すべての企業が背負う「風評リスク」

インターネットは、だれもが手軽に情報発信できる利便性をもたらしましたが、企業にとってはいつどこで事実無根の中傷記事を書かれ、信頼を損なうかもしれない大変なリスクをもたらしたといえます。企業がいかに正しい行いをしていようと、悪意をもった人物が誹謗中傷をネット上に流すことは可能です。その行為を抑止することは事実上不可能であり、それだけに、悪意によるネガティブな記事がネット上に流された場合には、被害を最小限にとどめるための迅速かつ適切な対応が重要と言えます。

検索画面が悪評を媒介

誹謗中傷が書き込まれるのは主に2ちゃんねる等の匿名掲示板サイトやブログですが、それらのサイトのURLを指定して記事を読む人は、実はそれほど多くありません。問題はそれらが検索エンジンの検索結果画面に表示されることです。企業名で検索したら、一番上に表示されるのは企業のホームページ、しかしすぐその下に匿名掲示板サイトの誹謗中傷投稿が出ていることが少なくありません。さらには匿名掲示板サイトのデータを自動的に取得してコンテンツ化する「コピーサイト」が存在します。これらもまた検索では上位表示される傾向にあります。これらを放置しておくと、誹謗中傷の書き込みは一つでも、企業名で検索した検索結果画面上に、同じネガティブ記事が複数乱立している状態に発展してしまうのです。

検索結果表示例

「当社のホームページのアクセスはごくわずかだし、検索する人もそれほどいないから大丈夫」とおっしゃる経営者の方もおられます。本当にそうでしょうか?企業の名前を検索するユーザーはどのような人か想像してみてください。仕事を依頼しようかと検討している人、就職を検討している人、金融機関の関係者…。たとえ人数は少なくとも、企業の将来に少なからず影響を及ぼす大切な人である可能性が高いはずです。
今や、情報収集する人の80%が検索エンジンを利用するという統計があります。企業に関心をもって社名で検索をする人が「偶然」誹謗中傷を見てしまう可能性を小さくすることは、評判管理の重要なポイントです。

商品よりも「だれが作って(売って)いるのか」が問われる時代

近年、商品の品質の低下や、それを隠すための偽装表示などの事件が多発し、消費者は企業に対して不信感を募らせています。とはいえ、商品の品質は実際に購入してみなければ判別しようがありません。そこで、その商品を作っているのは誰か、どのような企業なのかということに関心を向ける人が増えてきました。テレビや雑誌で気になる商品を見つけたら、その商品を製造・販売している企業までも検索して調べる人は少なくありません。それだけに、企業名で検索をかけたときに検索結果を「きれいな状態」にしておくのは企業防衛において、また販売促進においても基本的な施策と言えるでしょう。ただし、販売促進目的で意図的なヤラセ記事などを作成することは不正な表示にあたりますから、消費者に誤解を与えない企業運営サイトである必要があります。

逆SEO対策により、貴社に対する誹謗中傷や情報漏洩といったネガティブ記事の検索結果表示を阻止します!
無料相談はこちら
無料相談はこちら