逆SEO対策(リバースSEO対策)により、貴社に対する誹謗中傷や悪評といったネガティブ検索結果表示を阻止します

メディア取材

西日本ベンチャー

WEBマーケティングのプロSEOのプロ50社

imitsu(アイミツ)インタビューに掲載サイト監視・風評被害対策の発注業者選びならimitsu

逆SEO対策により、貴社に対する誹謗中傷や情報漏洩といったネガティブ記事の検索結果表示を阻止します!

逆SEO、検索結果クリーニング

「企業名」での検索結果最適化対策が必要な理由

検索エンジンが情報収集におけるツールとして認識されている今、企業に興味を持つ人はインターネットブラウザで直接企業ホームページのURLを入力することはしません。必ず、検索エンジンの検索窓にて「企業名」で検索して、検索結果から企業情報を収集します。

「企業名」での検索結果1ページ目表示が、企業イメージを決定する最も重要な要素です!

検索結果最適化対策が必要な理由

企業名(ブランド名)検索結果最適化無料診断!

無料

「企業名」「ブランド名」検索キーワードによる検索結果最適化状況を無料で診断します!

  • 診断結果を元に、検索結果を最適化させるために必要なアドバイスを無料でご提案いたします。
  • もし、ネガティブ結果が表示されている場合は、対策アドバイスを無料でご提案させていただきます。

施策前

誹謗中傷記事が多数表示されている上に、過去の不祥事の新聞記事が表示されており、これではせっかく自社ホームページが上位表示されているメリットが生かされていません。

施策後

自社コーポレートサイト(自社HP)を軸に検索結果1P目を自社関連サイトで独占します。自社関連サイトを上位表示させますのでポジティブな内容が自然に受け入れられるとともに、結果的にネガティブサイトの上位表示を防ぐことができます。
施策前 施策後

ココがポイント!

  • 自社関連サイトを上位に表示する事で、ネガティブサイトの順位を下げるだけでなく新たな誘導口を確保する
  • 2ちゃんねるや中傷ブログ等が検索上位にある場合もこの手法で検索結果を丸ごときれいにする事が可能
  • ネガティブ検索結果表示が出ていなくても、事前の防御策として検索結果最適化対策を行っておくことは有益
  • 検索エンジンからのネガティブサイトへの導線を断ち切れば、ほとんどの人の目に触れることはありません

匿名掲示板やブログ、ツイッターなどソーシャルメディアを利用して誰もが簡単に情報発信できるネットの世界において、 企業は常にネット上の誹謗中傷や事実無根の虚偽情報、機密情報の漏えい等の危険に晒されています。もし、このようなネガティブ情報が掲載されたサイトがネット上に出回ったら、即座に「企業名」で検索した際の検索結果に上位表示されてしまいます。

検索エンジンは、検索結果を順位付ける要素として、「サイトがネット上に出現した時期」「サイトの更新頻度」を重視しています。

先にネガティブサイトがネット上に出回り、頻繁にそのネガティブサイトが更新され続けることで、検索エンジンはより高い評価をネガティブサイトに与えてしまいます。逆にいえば、ネガティブサイトがネット上に出回る前に先行して検索結果最適化対策を継続的に施すことで、いつ出現するかわからないネガティブサイトによる検索結果の上位表示を阻止することができます。

検索結果最適化対策は、企業のリスク管理に必須の対策です!

個人様の実名によるネガティブな検索結果についてもご相談を承っております。

実名登録を原則とするfacebook(フェイスブック)やTwitter(ツイッター)の登場により、実名検索の重要性が高まっています。他の人が個人の情報を得ようとする場合も、必ず個人名である「名前(実名)」で検索エンジンを利用して調査を行います。例えば、就職活動を行っている求職者が企業に応募した際は、企業の採用担当は事前に応募者個人の情報を実名で検索エンジンで調査しています。このように、自分の名前が他人に検索された際に表示される検索結果画面を、印象のよいものにするための検索結果最適化対策が必要になります。

実名検索による個人調査

逆SEO施策ネガティブな悪評サイト により検索結果に表示されないようにします!

中傷サイトを検索結果から排除して、代わりに御社にとって好ましいポジティブなサイトを検索結果表示させて、新たなユーザーの導線を確保します!

検索結果排除(非表示)サービス

特定の検索結果を完全に排除(非表示に) します。

企業や個人のブランドプロテクトのためのもっとも確実な方法です。
貴社名、あるいはあなたの氏名で検索をかけたとき、名誉や評判を損なうようなネガティブなサイトが表示されていませんか?検索エンジンは2ちゃんねるを始めとした掲示板サイト、ブログ等のソーシャルメディアを上位に表示する傾向があります。

検索エンジンには「1ドメイン2サイトルール」というものがあります。これは、1つの検索キーワード(検索結果) に対し、1ドメインにつき2サイトまでしか原則表示されないというルール(※)です。 つまり、同じドメインで別のサイトを2つ以上立ち上げて表示させれば、今出ているネガティブサイトは検索結果から消えるということです。検索ユーザーが何十ページ、何百ページ先まで検索結果を見ても一切表示されることはありません。

※近年は、1つの検索キーワード(検索結果) に対し、1ドメインにつき3サイト以上表示されるケースもあります。

施策前 施策後

ただし、この検索結果排除(非表示)対策が可能になるためには、いくつかの前提条件が必要になります。

01. 対象となるネガティブサイトのドメインが「1ドメイン2ページルール」が適用可能なドメインであるかどうか。
02. 対象となるネガティブサイトのドメイン下で別ページを立ち上げることができるかどうか。

この2つの条件を満たしていれば、90%以上の高確率で検索結果は置き換え可能です。
問題の検索結果がこの条件に合致するかどうか、まず弊社にてチェックしますのでご相談ください。

※もし、この条件を満たしていない場合でも、「検索結果順位下げ」の方法を用いて対策を行うことが可能です。

また、「1ドメイン2ページルール」のための置き換え用の別ページを立ち上げただけでは効力はありません。
検索結果として表示されているネガティブサイトよりも、置き換え用別ページの検索結果順位を高順位に押し上げないと検索結果は置き換わりません。
順位を逆転させるための外部施策が必要になります!

検索結果順位下げサービス

特定の検索キーワードによるネガティブな検索結果を2ページ目以降に押し下げます。

ネガティブサイトを検索結果から排除(非表示)できない場合(検索エンジンの「1ドメイン2ページルール」が適用不可能なサイトの場合)は、検索結果に表示される順位を下げることで、検索ユーザーの目につきにくくする方法をお薦めします。

弊社アンケートによりますと、一般的な検索ユーザーの90%以上が検索結果の1ページ以内しか見ないという結果が出ています。

Q. いくつくらい検索結果を開きますか?

アンケート

90%の人は1ページ以内しか見ません。

貴社、あるいはあなたの氏名で検索する人にネガティブサイトが「偶然」目に入る可能性を低くします。 当社では、ネガティブサイトを精査した上で、検索結果排除(非表示)方法と検索結果順位下げ方法のどちらが効果的で現実的かをプロの視点から納得のいくご提案をさせていただきます。
例えば、検索結果の大部分がネガティブサイトで覆いつくされているようなケースでは、貴社関連サイトを複数立ち上げて、ネガティブサイトを検索結果1ページ以内から一掃する方法もあります。

施策前 施策後

これらのいずれにもあてはまらない場合でも、ネット上の風評被害、誹謗中傷にお悩みの方は、ぜひご相談ください。

お客様相談ダイヤル(通話料無料)

0120-979-990

受付時間 平日10:00~19:00

メールでのご相談・お問い合わせはこちら

  • お名前(匿名可)

  • 会社名

  • お電話番号

  • Eメールアドレス

  • 検索結果から消したい、検索順位を下げたい検索キーワードをご記入ください。
  • 検索結果から消したい、検索順位を下げたいURLをご記入ください。

  • 現在お困りの誹謗中傷・風評被害や、ご希望内容について、詳しくご記入ください。

  • 個人情報の取り扱い

    逆SEO(リバースSEO対策)における個人情報の取扱いについて

    平成24年10月01日制定

    1. 事業者の名称

    株式会社エーディーシー

    2. 管理者(若しくはその代理人)の氏名又は職名、所属及び連絡先

    管理者名:個人情報保護管理者 疋田忠明
    所属部署:株式会社エーディーシー 代表取締役
    連絡先:TEL 06-6101-1313 FAX 06-6101-1330

    3. 個人情報の利用目的

    (1)ご本人より書面等(ホームページや電子メール等によるものを含む。以下「書面」という)に記載された個人情報を直接取得する場合の利用目的

    分類
    お客様情報(セミナー参加者、アンケート回答者を含む)
    利用目的
    ・逆SEO(リバースSEO対策)に関する資料、企画の送付
    ・関連情報のご提供
    ・逆SEO(リバースSEO対策)に関するお問い合わせへの回答

    (2)ご本人より書面以外で個人情報を取得する際の利用目的

    分類
    お客様情報
    利用目的
    お問い合わせへの回答のため(通話記録)

    4. 個人情報の第三者への提供または委託

    お客様の個人情報は、以下に掲げる場合に限り、当社以外の第三者に提供させていただくことがあります。

    (1) 法令または裁判所その他の政府機関より適法に開示を要求された場合

    (2) その他特定の目的のためにお客様から同意を得た場合

    また、当社の業務の全部または一部を外部に業務委託する際、当社は、個人情報を適切に保護できる管理体制を敷き実行していることを条件として委託先を厳選したうえで、機密保持契約を委託先と締結し、お客様の個人情報を厳密に管理しています。

    5. 個人情報の開示等について

    開示対象個人情報とは、体系的に構成した情報の集合物を構成する個人情報であって、当社が、ご本人から求められる利用目的の通知、開示、内容の訂正、追加又は削除、利用の停止、消去及び第三者への提供の停止(以下、開示等という)の求めのすべてに応じることができる権限を有するものを指します。
    開示等のお申し出の詳細につきましては、下部の【個人情報の問合せ及び苦情・相談窓口】にお問い合わせください。

    (1) 開示対象個人情報の開示

    当社は、ご本人から開示対象個人情報の開示を求められたときは、ご本人に対し、遅滞なく、当該開示対象個人情報を開示します。また、ご本人が識別される個人情報が存在しないときにその旨をお知らせします。
    ただし、開示することによって次のa)~c)のいずれかに該当する場合は、開示できない場合がありますが、その際は、ご本人に遅滞なくその旨を通知し、理由を説明します。
    • a) 本人又は第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
    • b) 当該事業者の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
    • c) 法令に違反することとなる場合

    (2) 開示対象個人情報の訂正、追加又は削除

    当社は、開示の結果、事実でないという理由によって当該開示対象個人情報の個別項目内容に対する訂正、追加又は削除を求められた場合は、遅滞なく必要な調査を行い、その結果に基づいて、当該開示対象個人情報の訂正などを行うとともに、訂正などを行った後に、本人に対し、遅滞なく、その旨(訂正などの内容を含む。)を通知します。

    (3) 開示対象個人情報の利用又は提供の拒否権

    当社は、ご本人から当該開示対象個人情報の利用の停止、消去又は第三者への提供の停止を求められた場合は、これに応じます。また、措置を講じた後は、遅滞なくその旨をご本人に通知します。ただし、(1)のただし書きa)~c)のいずれかに該当する場合は、応じることはできませんが、そのときは、ご本人に遅滞なくその旨を通知するとともに、理由を説明します。

    6. 個人情報を提供されることの任意性について

    お客様が当社に個人情報を提供されるかどうかは、お客様の任意によるものです。 ただし、必要な項目をいただけない場合、各サービス等が適切な状態で提供できない場合があります。

    7. ご本人が容易に認識できない方法により取得する場合について

    クッキー(Cookies)及び携帯識別番号(固体識別番号)は、お客さまが当社のサイトに再度訪問された際、より便利に当サイトを閲覧していただくためのものであり、お客さまのプライバシーを侵害するものではなく、またお客さまのコンピューターへ悪影響を及ぼすことはありません。
    また当社のサイトでは個人情報を入力していただく部分にSSL(Secure Sockets Layer)データ暗号化システムを利用するなど、セキュリティ確保に努めております。さらに、サイト内における情報の保護にもファイアウォールを設置するなどの方策を採っております。ただし、インターネット通信の性格上、セキュリティを完全に保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

    8. 個人情報の共同利用について

    当社は、個人情報の共同利用は行っておりません。

    9. 個人情報の利用目的の通知・開示・内容の訂正・追加又は削除・利用の停止・消去及び第三者への提供停止の手順

    ご本人が自己の個人情報について、通知・開示・訂正・追加・削除・利用停止・提供停止をお申込み(ご請求)される場合、下記手順にて対応いたします。
    • 1. お申込み(ご請求)の方法
      下記お客様窓口へご来社いただくか、若しくはお電話にてご連絡下さい。
      その際、ご本人であることの確認をさせていただきますので、予めご了承下さい。
      ・ご来社された場合:運転免許証、パスポート、健康保険証などの本人確認ができるものをご提示ください。
      ・お電話の場合:当社より折り返しお電話させていただきます。その際、ご本人である事の確認のため、いくつかご質問させていただく場合がございます。
      ※ご来社いただく場合でも、予めお電話いただきますようお願いいたします。
      ※代理人がお申込の場合、ご本人の印鑑証明(お申込日以前3ヶ月以内のもの)を添付した委任状及び代理人の身分証明ができるものをご提示ください。
      尚、代理人のお申込はご来社の場合に限ります。お電話でのお申込はお受けできません。
    • 2. お申込み(ご請求)の書類
      各種手続きのお申込み(ご請求)書類をご用意しております。
      ・ご来社された場合:お申込み(ご請求)書類をお渡しいたしますので、その場でご記入いただくか、若しくは書類をお持ち帰りの場合、後日改めてご持参いただくか郵送にてお客様窓口へお送り下さい。
      ・お電話の場合:ご指定の住所へ書類を郵送いたします。書類ご記入のうえご持参いただくか郵送にてお客様窓口へお送り下さい。
    • 3. お申込み(ご請求)に対するご回答
      お申込み(ご請求)いただいた内容につきましては、すべて書面にてご回答いたします。
      お受取り方法は、ご来社いただくか、ご指定の住所へ郵送となりますので、ご連絡下さい。
    • 4. お申込み(ご請求)費用
      お申込み(ご請求)に対して手数料などの費用は発生いたしません。

    【個人情報の問合せ及び苦情・相談窓口】

    個人情報保護方針に関するお問合せにつきましては、下記窓口で受付けております。
    〒532-0011 大阪府大阪市淀川区西中島5-14-10 新大阪トヨタビル 4F
    株式会社エーディーシー
    連絡先:TEL 06-6101-1313 (お客様相談ダイヤル) 受付時間:平日10:00~19:00
    FAX 06-6101-1330

    (当フォームをご利用の際には、ご同意いただくことが必要となります。)

当社より、基本即日にご連絡差し上げます。
ご相談内容に「緊急」とお書きいただければ、上記の受付時間以外でも担当者がメール、電話等でご対応させていただきます。
匿名でのご相談も承っております。
また、契約の際はお客様の機密保持の為、機密保持契約書を締結させていただきますので、安心してご依頼ください。
メールを確認後、速やかに弊社担当者からメールにてご返信いたしますが、弊社からの返信メールが迷惑メールフォルダに入る可能性があります。基本的に即日返信いたしますので、受信フォルダに弊社からの返信メールが確認できない場合は、迷惑メールフォルダ内のご確認をお願いいたします。

プライバシーマーク

株式会社エーディーシーは、第三者機関である日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)より、個人情報の適切な取り扱いを行う企業に付与される「プライバシーマーク」の認定付与を受けております。

KingSSL

当サイトでは、KingSSLサーバ証明書を使用し、大切なデータを暗号化し送信しています。

無料相談はこちら
無料相談はこちら

株式会社エーディーシー

インターネットのWeb風評被害コンサルタントでは300社以上の実績、上場企業を含む多数の企業からコンサルティング契約をいただいているWebマーケティングの専門会社です。

【所在地】

〒532-0011
大阪府大阪市淀川区西中島5-14-10
新大阪トヨタビル4F
TEL:0120-979-990 FAX:06-6101-1330

【URL】

http://www.adc-system.co.jp